2018年11月19日

★沖田畷の戦い・史跡踏査会レポートA【2018.10/27】




引き続き、沖田畷の戦い・史跡踏査会のレポートその2です。

★前回のレポート1は、こちら:http://sagasengoku.seesaa.net/article/462785891.html




10/27(土) 

嬉野市の入船荘を出発し、鹿島市→多良岳オレンジ街道→ 諫早湾干拓堤防道路→島原半島へ。(車で約1.5時間)

天正12年(1584)3月18日、龍造寺隆信・政家父子が率いる57,000余騎もの大軍の兵船が、須古城の南方の海岸・龍王崎より出航。

takanobu.jpg


(中西豪先生の甲冑姿です。編集によって口髭を付けたり、目の表情などを通説どおりの隆信公風に加工しています。御大将出陣ノ図)


順風に乗って3月20日前後に神代(こうじろ)へ着港、軍勢も上陸、布陣します。軍議の後、3月21日には南下し、寺中城(三会城)に入城。龍造寺隆信は、21日から23日まで寺中城に駐屯します。(『隆信公御年譜』・『北肥戦誌』)



★軍議【島原半島の見取り図】 青色の城=沖田畷合戦当時、龍造寺方であった城。赤色の城=有馬・島津方の城です。

Inkedスクリーンショット 2018-10-03 23.49.54_LI.jpg



神代湊には、龍造寺方の武将・神代貴茂の居城(海城)、鶴亀城(神代城)がありました。

ちなみに佐賀郡の神代(くましろ)氏と島原の神代(こうじろ)氏は同祖説もありますが、ひとまず、別の氏族です。


CIMG2823.JPG



この神代湊からおよそ13.5km南下、車で20分程走ると、寺中城に至ります。



<1> 寺中城(三会城)跡(場所:島原市中野町丙1469-3)

★【駐車場なし、道路脇に駐車スペースあり】

IMG_2326.JPG



2018-10-27 10.35.36.jpg


川に挟まれた小高い所が城址です。海辺に屹立した城であった事がイメージできます。

2018-10-02 16.33.43.jpg


島原市による解説板。おそらく近年設置されたものと見え、新しいです。

2018-10-02 16.40.26.jpg


城址には登る事が出来ます。ここに物見の櫓など拵えれば、4キロほどしか離れていない森岳方面(沖田畷付近)まで眺望できたかもしれません。3月21日から23日までここに滞在した隆信公は、決戦まで何を思い過ごしたのでしょう。

2018-10-27 10.57.25.jpg



IMG_2343.JPG



■左:東統禅先生(福田寺御住職)、右:大山格先生。 寺中城址にて。

島津方の大山先生も、いつのまにか赤い戦装束姿に。沖田畷を前に、臨戦態勢となられました。



2018-10-02 16.34.33.jpg






★『上井覚兼日記』によると、3月16日には、龍造寺軍と戦うための先手の軍が既に島原半島へ渡海済。3月18日、島津忠長一行が渡海。3月21日、島津又四郎(島津彰久)と他数名が渡海。同日、島原半島にて有馬晴信を支援中(龍造寺方・島原純豊の籠る浜の城を攻囲中)の島津家久、島津忠長、平田、新納、各位の辛労への慰問も兼ねて、上井覚兼の船十二段帆が渡海している。(『有明町史 上巻』「伊勢守日記」)


★『島津四兄弟の九州統一戦』新名一仁著 星海社 発行(2017.11月)P.139によると、3/21〜3/23までの龍造寺軍の迅速な動きを、島津方は掴めていなかったという。P.140「島原包囲中の有馬渡海衆が、龍造寺勢本隊の到着に気づいたのは、決戦前日のことだったのであり、(肥後)佐敷からの援軍は間に合わなかったのである。」







― レポートBへ続きます ―


【PODCAST】
H25. 3/23、佐賀の戦国史ー龍造寺鍋島伝ー 第一回講演会 @佐賀城本丸歴史館 /「世評における龍造寺氏・鍋島氏」より抜粋。講師:中西豪先生。







posted by 主宰 at 21:03| 佐賀 ☁| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★沖田畷の戦い・史跡踏査会レポート@【2018.10/27】



2018.10/27に行いました、沖田畷の戦い・史跡踏査会のレポートです。

★参加者一覧:

大山 格 先生 (東京) / 橋本 靖明 先生 (東京) / 中西 豪 先生 (福岡) /
岡本 澄雄 先生(佐賀) / 東 統禅 先生(佐賀) / 松本 博之 氏(佐賀)/
深川 直也 (佐戦研)/ 田島 光(佐戦研) / 井上 敏生(佐戦研) /


橋本先生は会津龍造寺家の御子孫であり、大山先生は島津家家臣の御子孫、そして東先生は曹洞宗の古刹の御住職です。

なんと今回は、龍造寺家・島津家ゆかりの方々と合同で、禅僧様まで同道頂いての、沖田畷出陣となりました。滅多にない御縁です。


★10/26(金)は柳川→江上八院古戦場→川上左京亮忠堅公墓所を巡りました。

2018-10-26 16.14.13.jpg


場所は、佐賀県鳥栖市山浦町です。(参考ブログ:http://www.geocities.jp/w_clc_w/7mensou/contents/ink/ink-026.html

2018-10-26 16.11.36.jpg



沖田畷の戦いにおいて、龍造寺隆信公を討ち取った事で知られる川上左京亮公ですが、墓は実は鹿児島県ではなく、佐賀県鳥栖市にあります。天正14(1586)年7月、島津軍による勝尾城攻めの際に、筑紫春門(晴門とも書く)と一騎打ちに及び、双方戦死を遂げ当地に葬られたとされています。


IMG_2311.JPG


★川上左京亮公墓所にて、左から大山先生、中西先生、橋本先生。

地元の人間の車と誘導がないと中々訪問することのできない様な、郊外の山野の中に有ります。あいにくの雨でしたが、皆で御参りできて幸いでした。


―――――――――――――――――――――



★10/26の夜は、嬉野温泉・入船荘さんへ皆で宿泊し、宴会でした。入船荘さんは肥前夢街道忍者村さんと同系列で、美肌の湯で知られる嬉野でも5本の指に入る泉質で有名な温泉宿です。ほっこりできました。部屋に準備されている嬉野茶も非常に美味しかったです。

この宴会には、御多忙の所、円城寺雄介さんにもご参加頂きました。


2018-10-26 19.29.39.jpg


2018-10-26 20.40.23.jpg



円城寺さんはその名の通り、龍造寺四天王・円城寺美濃守信胤のご子孫です。佐賀県庁職員ですが、全国を飛び回ってご活躍されています。所用で翌日の沖田畷へは出陣叶わず、非常に残念そうでした。


2018-10-26 19.40.16.jpg


■左から、岡本澄雄先生(小城郷土史研究会・副会長)、東統禅先生(福田寺御住職)、橋本靖明先生。



2018-10-26 20.40.44 - コピー.jpg


■右手前は、松本博之氏。サガテレビ職員さんで、実は須古鍋島家中・手明鑓の御子孫です。

2016年「サガテレビ春フェス」において、企画の一角にお声掛けを頂き、それ以来御懇意にして頂いております。

【保存版】『今山合戦』 中西豪先生、2016.サガテレビ春フェス内解説


―――――――――――――――――――――


さて、大山先生と中西先生は、『歴史群像』ムックにて、九州の戦国史関連の執筆をされています。これを読んで育ったという九州の歴史ファンも多いのでは!

お二人と沖田畷古戦場を旅できるなんて、これほどの読者冥利は有りません。感無量です。


■『戦国九州三国志 −島津・大友・龍造寺の戦いー』(歴史群像ムック)2008.5月 発行
言うまでもない有名な本ですが、九州戦国史を知る上での必携書です。

2018-11-18 22.56.53.jpg


★著者一覧:

2018-11-18 22.57.15.jpg


鉄板中の鉄板な一冊ですね。
桐野作人先生、大山先生、中西先生、また、故・吉永正春先生のお名前も見えます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■ 『全国版 戦国精強家臣団 −勇将・猛将・烈将伝ー』(歴史群像ムック)2008.3月 発行


2018-11-18 22.59.02.jpg


★著者一覧:

2018-11-18 22.59.24.jpg


改めて見ると、黒田基樹先生、平山優先生、樋口隆晴先生、大山格先生、中西豪先生・・・ 
錚々たる面々ですね。

もちろん九州の戦国武将の紹介も充実しており、こちらも座右の一冊です。


2018-10-28 16.33.17.jpg



★上記2冊の執筆陣である、中西豪先生(左)大山格先生(右)。

佐賀大学にて撮影。





― レポートAへ続きます―





posted by 主宰 at 00:05| 佐賀 ☁| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

【総集】「幕末維新を再検討する −西郷、江藤、会津龍造寺ー」御参加有難うございました!



先日10/28の歴史シンポジウム「幕末維新を再検討する −西郷、江藤、会津龍造寺ー」にお越し頂いた皆様、誠に有難うございました!
70名様、盛況のうちに、無事催行する事ができました。御礼申し上げます。

今回は、さが幕末維新博を応援する趣旨もあり、先生方の講演を全て、YOUTUBEにて公開しました。このブログにお越し頂いた全国の歴史ファンの皆様、お時間がある時に、ぜひご視聴下さい。


佐賀藩は知性を閉ざさず、積極的に「外の歴史や情報」に学び、取り入れることで、幕末明治維新をリードしてきました。その姿勢に学び、あえて外部・遠方から専門家・講師をお招きし、時代の見識を深めようとする市民企画です。
佐賀藩の「外」の歴史に幕末明治維新期を学び、客観的な再検討を試みます。






大山格先生の講演です。西郷隆盛の兎狩りや、勅令ダイエットとの関係や如何に。43分、短い時間に、非常に分かりやすくまとめてお話しをして頂きました。(関連ブログ:https://ameblo.jp/itaru-ohyama/entry-11881148660.html)(執筆関連:歴史群像データベース1歴史群像データベース2






長南政義先生の講演です。45分、視覚資料も豊富に、上野戦争の内情について詳細に解説をして頂きました。上野戦争を学ぶための良質な資料動画となりました。 (長南先生関連「マーケット・ガーデン作戦とインテリジェンス」:http://okigunnji.com/mgi/)(著書検索






橋本靖明先生の講演です。48分、会津での龍造寺伯庵公の暮らしの様子、また、龍造寺家が後代へと続いた事情、そして会津藩に江上家、円城寺家、秋月家、鹿江家が在った事など、史料に基づいて詳しくお話しをして頂きました。(橋本先生関連:http://www.nids.mod.go.jp/research/profile/anzen/02-hashimoto.html






中西豪先生の講演です。明治維新期に大きな業績を残した江藤新平。一方で、知られざる戊辰戦争の頃の活躍とは。江藤の概説を含み38分。一般的な解説とは異なる視点から、分かりやすくお話しをして頂きました。
(中西先生執筆関連:歴史群像データベース



44991996_1972447486209348_2313838262633889792_n.jpg

円城寺雄介氏にお越し頂き、今後の佐賀県関係の企画についてのPRと、総評コメントをして頂きました。NHK大河ドラマ「西郷どん」と江藤新平についてのPRもあり、今後のドラマの展開が楽しみです。
(円城寺氏関連:HuffPostJapan HP京都市ソーシャルイノベーション研究所HPより




★アンケート「「あなたの家に残る、幕末維新期の話や、佐賀の乱の時の話があれば、ご記入下さい」
開票結果http://sagasengoku.seesaa.net/article/462516295.html


大表.jpg


大裏.jpg


曜日入り.jpg




御協力頂いた皆様に、感謝申し上げます。
次回の企画も、お楽しみに!



佐賀戦国研究会






posted by 主宰 at 23:37| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする