2015年05月04日

■「天下」と地方について







『内田: 天下統一って、言い換えれば、地域コミュニティを全部壊すということですからね。ローカルな境界線の中でそれぞれの「ニッチ」に分かれて暮らしていた人たちの差異をなくさないと天下統一はできない。「群雄割拠」というのは、それぞれの地域には固有の統治形態があり、文化があり、宗教があり、生活習慣があり、芸能があり・・・・・・ということですから。これを一度全部壊して、日本中をある意味で標準化・規格化しようとした。今ふうにいえば「日本をフラット化した」わけですよね。こういう信長・秀吉のプランそのものが実はキリスト教的であって、伝統的な日本的霊性からは出てこない種類の政略なんじゃないですか。』

『釈: そうかもしれないですね。』

『内田: だから、鎌倉仏教は「アーシー(earthy)」だけども、安土桃山文化ってまったくアーシーじゃないですよね。都会的で、技巧的で、構築的なものですよね。むしろヨーロッパの感覚に近い。』

『釈: やはりこの時代は社会システムのみならず、根っこのところの心性が大きく変化した面があるのでしょう。例えば、キリシタンが持ち込んだ「この世界をクリエイトした神がいる」というもの。これはヨーロッパと日本とを直結する回路でもあったと思われます。』

『内田: あとやはり、農耕民族か遊牧民かということは、種族の霊性のあり方を大きく決定づけますね。キリスト教もユダヤ教もイスラームも遊牧民の宗教ですから、信者たちは羊の群れであり、指導者は「牧者」、「群れを牧する人」ですよね。これは遊牧民固有のメタファーでしょう。日本の場合は、生産様式の原型は農耕です。稲作のスタイルが完成して、一の努力が千となって収穫期に返ってくる。だから農民はそこに大きな「被贈与感」を感知する。自己努力に対して相応の報酬が返ってくるというのではなくて、努力よりもはるかに豊かな贈与が与えられる。この「個人努力と報酬は相関しない」という農耕民の実感が、もしかすると「他力」の思想と通じるのかもしれない』



/ 『日本霊性論』 内田樹・釈徹宗 NHK出版新書 (2014年8/10 刊) P.218〜219 より



posted by 主宰 at 23:23| 佐賀 ☁| Comment(0) | ■歴史から何を学ぶか (論評集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

美しい歴史を持つ






『「白露に風の吹きしく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞ散りける」という歌があるが、
くにの歴史の緒が切れると、それにつらぬかれて輝いていたこういった宝玉がばらばらに散りうせてしまうだろう、それが何としても惜しい。他の何物にかえても切らせてはならないのである。そこの人々が、ともになつかしむことのできる共通のいにしえを持つという強い心のつながりによって、たがい結ばれているくには、しあわせだと思いませんか。ましてかような美しい歴史を持つくにに生まれたことを、うれしいとは思いませんか。歴史が美しいとはこういう意味なのである。』


/ 『春宵十話』 岡潔 著 角川ソフィア文庫   P.61 『日本的情緒』より 
 (S44.11月初版)


岡潔は世界的な数学者。数学史上に巨大な足跡を残した。


posted by 主宰 at 21:35| 佐賀 ☀| Comment(0) | ■歴史から何を学ぶか (論評集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

戦国時代とキリスト教






司馬(遼太郎):
『ともかくふしぎだと思っています。戦国時代に(国内のキリスト教信者数が)三十万人というのは、当時の人口から考えれば大変な数ですね。それが秀吉から江戸初期にかけて禁制になったというのは、ひとつには最初に日本に上陸したイエスズ会が、非常に攻撃的、戦闘的な精神をもっていた。それがいやがられたんじゃないかと思います。お寺やお宮を焼いてしまえというぐらいの勢いになっていくから、秀吉としてはやはりコツンとくる。しかも傍証がいろいろ出てきて、たとえば長崎県の大村はカトリック領になった。日本国は外国領になるのかと秀吉は思います。そのうえ、土佐の港に漂着したスペイン船の船長がフランシスコ会の影響を受けてイエスズ会に敵対意識をもっていて、スペインはフランシスコ会の神父を派遣して日本を占領するつもりだということを言ったものだから、秀吉は断固としてキリシタン禁制に踏み切った。あとの徳川幕府も、もし憲法があったとしたら憲法第一条にキリシタン禁制をうたっただろうと思われるほどのつよい禁制をしくわけです。それほど厳しい禁制をしく必要があったのだろうか。

 カトリックが江戸時代に三十万人でいいから自由に信仰が許されていたら世界の情報がいろいろ入ってきたんじゃないかということを、二十年ほど前に遠藤周作さんに話したことがあるんです。しかし遠藤さんは大いなる人ですな、「そんなことしてたら日本はスペインに占領されてしまう」とおっしゃった(笑)。カトリックの遠藤さんをしてそんなことを言わしめるほど、とくに当時のフランシスコ会は、日本に先鞭をつけたイエズス会に敵対感情を持っていたんですね。またイエズス会はイエズス会で、陰謀とか政治的に動くのがクセだった。』


井上(ひさし):
『クセですね、たしかに。イエズス会はとかく情報商社のように動くクセがあります(笑)。』


司馬:
『いまでもスペイン人が「あの人はジェスイットです」というと、その人は銀行の頭取であっても相当裏のある人だと受け取られるそうですね。だから秀吉の感覚は正しかったかもしれない。』


井上:
『日本をカトリック国、要するに植民地にしようとした証拠もありますし。やはりあのころカトリックのなかには、自分たちの教えを信じない者は馬鹿だという傾向があったと思いますね。』


司馬:
『フランシスコ・ザビエルは私にとって好きな人ですけれども、それでも鹿児島の坊津に上陸したあとで地に跪いて祈りますね、この国を大天使ミカエルだったかな―に捧げます、と。要するに、ぼくらは捧げられてしまったんです(笑)。』


井上:
『まことに余計なお世話です(笑)。』


司馬:
『中近東をのぞく東洋人は世界を相対的にとらえるんですが、西洋人はキリスト教以来、絶対主義というものを持っていますから、どうしてもそうなってしまうんですね。ザビエルさんといえども、その枠からははみ出せない。』




「国家・宗教・日本人」 司馬遼太郎・井上ひさし 講談社文庫 刊 より引用
(初出誌「現代」宗教と日本人 1995年6月号)



posted by 主宰 at 16:34| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■歴史から何を学ぶか (論評集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする