2016年02月09日

★地方の関ヶ原合戦 ー多久市VS唐津市ー



『庭木右近の儀、慶長5年9月28日於唐津呼子討死、右子細は上方御防戦最中に付、兵糧ならびに武具など船へ乗組、為頭人罷越候、寺沢殿は東方にて候故、唐津衆取籠防戦、無拠討死仕候事』 /『水江臣記』 南里助右衛門差出。

――――

慶長5年9月28日、多久市の龍造寺長信から上方の龍造寺鍋島勢へ支援物資を発送。多久→唐津の海へ出て、海路を上方へ向かうコース。これを察知した唐津領主寺沢氏、この輸送隊を呼子の海辺で殲滅。(龍造寺長信が激怒したとされる。)

翌日の、9月29日。報復のため多久の龍造寺氏は、唐津領から祭礼事のために多久へ参っていた人々を悉く捕縛し、同時に多久衆が椋瀬口や、はばら坂で不穏な動きを見せた。/ 唐津と多久が「手切」(戦闘状態)の様相となったが、元来唐津の寺沢氏の領地は小さいため「今後佐賀と難しい事になってはかなわぬ」と寺沢氏で判断し、やむなく輸送隊を襲撃した寺沢方の部隊長2名を処刑。首が多久へ送られてきた。又、事件の時に唐津方の城代だった侍も一人処刑されたとも伝わる。

――――――


典拠:『水江臣記』 南里助右衛門の差出分。

水江臣記とは、多久市の領主、後多久氏(龍造寺長信の子、龍造寺家久が改姓し多久氏となる)の家臣団それぞれの家の由緒や昔話を書き、差し出したものです。
水江、とは長信が継承した『水ヶ江龍造寺氏』を意味します。


★今回読んでいてはじめて輸送隊襲撃事件後に、後日談が有ったことを知りました。寺沢氏の判断・・・『リアル』、ですね。

この時は、あきらかに佐賀多久は西軍、寺沢は東軍、という認識だったでしょう。敵対する勢力の輸送隊を殲滅する事は、手柄です。

しかし・・、大河ドラマ『真田丸』に見える国衆の悲哀と同様、寺沢サイドは東軍ながら、領国が小さいため、いろいろと苦渋の判断をして、本来手柄をあげたはずの家臣の首をはねて詫び、敵ながら隣近所である龍造寺鍋島氏との遺恨を回避した・・。

ここには、かの大河ドラマの信濃同様、地方小領主の実情が垣間見えて、興味深く、・・ある種の悲哀を感じますね。


[ここに地図が表示されます]
posted by 主宰 at 23:02| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■関ヶ原の戦い 〜龍造寺鍋島軍の動き〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

【歴史群像6月号】P.96 『W龍造寺領国W存続の試練 鍋島父子の関ヶ原』中西豪先生 筆



CCI20150515_0002.jpg



【歴史群像6月号】P.96 『W龍造寺領国W存続の試練 鍋島父子の関ヶ原』中西豪先生 筆(書店で販売中)

/ 文禄慶長→関ヶ原→江上八院合戦、時代を俯瞰しながら龍造寺家と鍋島直茂・勝茂の動向を追う。ここまで詳しい記事や本は、他にない。

★佐戦研主宰感想★

 私が他になく一番怒っていたのは、江上八院合戦(柳川合戦)についての、世間の概説書や雑誌、地元の町村誌の胡乱、杜撰な記事です。ちょっと調べたら分かる事も、調べずに書いている物ばかり。おそらく通説が使い回しされています。中西先生のこの「不気味な程詳しい」一連の記事及び江上八院合戦の記事は、金字塔です。先づはどなたもこれを読み、この記事を基準に裏取りやソース調査をしてみてください。そして世間の概説書と比較を。

念の為ですが、『小野和泉隊や立花三太夫隊に鍋島陣が9段崩された』という通説のために怒っていた訳ではありません。私も最初、その通説を信じて居て「さすが立花軍は、強いな」と唸っていた一人です。

問題はこの、名目を立てるだけの、実質意味のない両者の合戦、人首が600以上落とされたような世にも凄惨な激戦であるのに、世間の本では、合戦はほぼ無かった・ちょっと鍔迫り合いして黒田加藤が止めの合図をして大団円で終結という、軒並みがその論調である事に、怒っているのです。名のある学者さんの著書ですら、ピントの外れた5〜6行の文章で適当にこの戦を世に喧伝している。これは流石にいけません。佐賀や筑後では双方で合わせて600人を超える御先祖様がこの合戦で亡くなってる。適当に記事にされては我々、堪ったものではありません。

そういう中で、中西先生が見事に今回「史料を読んで調べて行けば必然的に判明する部分」を、順当に、集大成的に記事にしてくれました。江上八院合戦は、史料が少ないと言われます。しかし世間の歴史本では、その少ない史料にすら、まともに当たられていなかった。嘘だと思ったら、今回の歴史群像の中西先生の記事を読み、過去に出ている他の雑誌や概説書本と比較してみてください。屹度お分かり頂けるはずです。






[ここに地図が表示されます]


posted by 主宰 at 23:37| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■関ヶ原の戦い 〜龍造寺鍋島軍の動き〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

【勝茂公譜】 伊勢の陣 〜安濃津城攻め〜(関ヶ原序章)F


■佐賀県近世史料第一編第二巻 勝茂公譜考補二より。つづき。簡潔訳です。(P.218−220)一部中略
 
敬称略御免。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


8月22日、塀柵を打ち破り、鍋島勢いずれも我先に進んでいる所、龍造寺家久(後の多久安順)の家人、南里三郎左衛門、二ノ丸へ登り上がり、敵二人を突き伏せ従者に首を取らせた。石井源左衛門も同じく分捕りし、先登りと名乗る。その他、田代九郎左衛門・野田清兵衛、岸權左衛門、大河内五右衛門、吉武弥右衛門、服部内蔵允・山田円右衛門、副島五郎左衛門、各力戦し、敵数輩を討ち取る。別て南里・石井戦功あり。「多久戦功記」



又いう、8月20日(本文22日)、伊勢の野伏数百、富田信高を支援し城に入る。鍋島勝茂の先手、鍋島七左衛門(深堀・茂賢)、成富十右衛門(茂安)以下、付き従ってニノ廓へ乗り入れた。

ここで龍造寺高房率いる山手の部隊、先手、龍造寺家久の家人、南里三郎左衛門が城中に乗り入ろうと石井源左衛門と議し、乗り口をうかがう。

そこに敵が出て来て一ノ丘に駐屯した。そこへは武備が堅固のため、近寄ることができない。

これによって、二人は密かに山の裏に回って、険しい崖をよじ登る。

先に、鎧武者が一人よじ登っていた。これは敵であった。南里は敵の足に取りつく。敵は振り返って「何者ぞ!」と問う。南里は偽って「味方だ!」と答え、石井と共に無事に高い丘によじ登り、また低い所に下り、南里・石井両人、槍を並べ、主従共に10数名攻め掛かり、たちまち一陣を突破した。

南里、敵を2人突き伏せる。従者が首を取る。石井も敵を討って、同音に一番乗りと名乗る。野田清兵衛もまた駆け来たり、ひとしく槍をそろえて逃げる敵を追いまくる。城兵は敗退し悉く、本丸へ退く。服部内蔵允、山田円右衛門、副島五郎左衛門も各力戦して、また敵数十人を討ち取る。

龍造寺家久も進んで鍋島勝茂の先陣に出会う。ここにまた、家久の鳥銃頭、田代二郎左衛門は、家久の命で夜中に与力の吉武弥右衛門を連れて潮満川を渡り、密かに乗り口を見定め、翌朝、龍造寺勢の攻め入りを先導した。

龍造寺高房及び龍造寺氏の一族が多数、城に乗り入ることができたのは、田代の手柄である。また、大河内五右衛門も、城内にて首数級を取り、家久は賞賛して大河内の姓を、松坂氏に改めさせたそうだ。一説には、安濃津城落城の時、鍋島勝茂は松坂城に向かった。家久らはこれに従い松坂城も落城した。これにちなんで改姓したともいう。大河内の事績を見れば、松坂城攻めの説の方が正しいようだ。「水江事畧」


この時、敵の足軽大将分の侍、2〜30人にて土手際に控えていたのを、堺小兵衛が忍び寄り、三寸の雁俣(弓矢)を放って射殺し、首を取ろうとするのを、敵の30人ほどの者が遺体を引き去り、奥へ退却していく。そこへ多数の矢を射かけたが、敵は逃げ去り力及ばず、小兵衛も傷を負って、退却した。「堺戦功記」


今回の一番首は、田原右馬允、二番首、石井六兵衛が打ち取る。六兵衛は槍矢手のために2カ所を負傷したという。「石井戦功記」


これ以前、伏見にて水町弥太右衛門、問題があってお暇を出され、佐賀へ帰国していたが、上方の乱を知って早速駆け付け、安濃津城攻めに加わった。「水町戦功記」


伏見城攻めの時、水町弥太右衛門の組の中で、寒水六郎右衛門重辰が活躍し、名を上げる。鍋島勝茂はこれを見て、大塚勝右衛門を使者として銀子2枚を褒美に与えた。伊勢の陣の時は弥太右衛門は病気により、その50人の組が寒水六郎右衛門へ付けられ、活躍したという。「寒水戦功記」


またこの前、水町弥太右衛門、直筆でしたためた書状を以て鍋島勝茂へ言上するには、「今回、直茂公が石田三成方に味方し上方へ出陣されては、御家のためにならないと存じます。直茂公は徳川家康方となって、佐賀に在国なさるが宜しいかと存じます。なぜなら今回の戦、関東方の勝利は必定と思われるためです。」このような手紙を差しだしたそうだ。「水町戦功記」


今度上方騒動について、鍋島直茂も出陣するために、轟木(鳥栖市轟木町??)まで馬を進めていたが、病気のため、下村生運に意志を言い含め上方に派遣し、直茂自身は佐賀に帰城した。かくして下村生運は上方に登ったが、時すでに伏見城は落城の後。その後に大坂に着いたが、安濃津城攻めの時にようやく鍋島勝茂の所へ到着したそうだ。
「下村戦功記」


(続)





posted by 主宰 at 23:12| 佐賀 ☁| Comment(0) | ■関ヶ原の戦い 〜龍造寺鍋島軍の動き〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする