2019年07月21日

★お知らせ(2019.7/21)



先日、7/15(月・祝日)の佐賀戦国研究会特別出張講演会
「ここまで分かった佐賀の忍者史」(会場: 嬉野温泉 入船荘)
に御参加下さいました皆様、有難うございました。

今年5月に伊賀市で催しました講座の再演に加え、日頃の史料調査を一部御紹介するため、佐賀藩祖・鍋島直茂が商人を使って、他国の情報を収集するよう指示している事が分かる書状を紹介しました。(直接「忍」とは関係ないですが、諜報を指示している点で興味深い。)

また、7/9 NHK佐賀支局のTV番組「ひるまえ情報便」にて、佐賀戦国研究会の御紹介を頂き、7/17にはサガテレビの夕方のニュースでも報道されました。連日の報道となりましたが、ご覧頂き、有難うございました。


参照用:https://www.facebook.com/kyushu.ninja.association/videos/917940608553680/


発表要旨(三重大学 人文学部・人文社会科学研究科HPより):http://www.human.mie-u.ac.jp/kenkyu/ken-prj/iga/kouza/2019/2019-2.html


2019-07-15 13.52.43.jpg




なお「ここまで分かった佐賀の忍者史」は、75分の講演で構成を固めております為、いつでも再演は可能です。
佐賀県内でもし依頼があれば、(会場側でプロジェクターとスクリーンが必須ですが)無料にて、再演できますので、お声掛け下さい。
(問い合わせ先:sagasengoku@live.jp まで)




―――――――――――――――――――――――――――――――――



さて、今年後半の、佐賀戦国研究会・勉強会のお知らせです。


★佐賀戦国勉強会・座談会
「隆信公御年譜を読む」

(島津との決戦、沖田畷へ)

■講師:中西豪(歴史研究家)
 
■日時 :

@ 7/28(日)13:00〜16:30
A 9/1 (日)13:00〜16:30  
B 11/3(日)13:00〜16:30

■会場:佐賀市市民活動プラザ4F 会議室 (佐賀市白山)

■参加費:300円   

■事前予約不要、自由参加、飛込参加歓迎


3年に渡り営々と読み進めてきました『隆信公御年譜』がいよいよ、最終章へ突入します。続き物の勉強会ですが、沖田畷の戦いについて集中解説となる、最終章だけ聞きに来られても面白いと思います。
折角の機会ですので、沢山のご参加をお待ちしております。


そして、中西豪先生が2002年発行『史伝鍋島直茂』以来、17年ぶりに、
別府大学教授・白峰旬先生と共著で、単行本を出版されます!

立花宗茂 VS 鍋島直茂
慶長5年の筑後での決戦

『最新研究 江上八院の戦い』(日本史史料研究会)

発行は、7月末目処とされていますが、遅れる見込みの様です。

★詳細はこちら:http://sagasengoku.seesaa.net/article/467454981.html

予約注文書をダウンロードしてご利用頂き、みなさま是非、日本史史料研究会へご予約をおすすめします。内容はかなり期待できます。



また、中西豪先生は今年中に、某歴史雑誌へ『龍造寺隆信』の記事を寄稿予定との事です。
時期を同じくして、佐戦研代表 深川が『忘却の日本史』へ『神代勝利』(中篇・後篇)を寄稿予定です。

龍造寺隆信 VS 神代勝利
、先生と示し合わせたという事は全くなく偶然の構図ですが、両方、読み合わせて頂くと、佐賀の戦国史についてより理解が深まると思います。どうぞご期待下さい。



佐賀戦国研究会 






posted by 主宰 at 05:04| 佐賀 ☁| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

【告知】『中・近世日本各地の忍者たち』第2回「ここまで分かった!佐賀の忍者史」



開催が近くなりましたので、お知らせ致します。


★『中・近世日本各地の忍者たち』講座

第2回 「ここまで分かった!佐賀の忍者史」


■講師:深川 直也 (佐賀戦国研究会 代表)


■三重大学伊賀サテライト伊賀連携フィールド・三重大学人文学部・上野商工会議所「伊賀連携フィールド市民講座」忍者・忍術学講座

■日時:令和元年 5月18日(土)10:30〜12:00

■場所:三重県伊賀市上野丸之内500 ハイトピア伊賀3階 コミュニティ情報プラザホール

■ 参加無料・事前申込不要


<情報告知>

三重大学 人文学部・人文社会科学研究科:http://www.human.mie-u.ac.jp/kenkyu/ken-prj/iga/kouza.html

三重大学 国際忍者研究センター:http://ninjacenter.rscn.mie-u.ac.jp/en/

伊賀市HP: https://www.city.iga.lg.jp/0000002739.html


――――――――――――――――


★三重県伊賀市において、九州は佐賀県の忍者情報・14名分を、歴史史料に基づき列伝風に御紹介します。

津城(安濃津城)の防御を偵察した佐賀の忍の動きなど、意外な事も分かってきました。

忍の情報もさりながら、龍造寺隆信、鍋島直茂、神代勝利、筑紫広門らのコアな情報も盛り沢山です。

伊賀市また近畿圏で、龍造寺鍋島史を語る講座というのも、非常に珍しい機会だと思いますので、忍者や九州の戦国史に興味が有る方は、是非ご参加をお待ちしております。


D0ULv80U0AAmoj8.jpg




――――――――――――――――


★告知その2

歴史雑誌『忘却の日本史』 連載記事、

神代大和守勝利 (前篇) ― 十年磨一剣、霜刃を試す ― 」深川 直也 著

2019.5/25 発売予定です。前篇・後篇と分かれており、かなり充実した「神代勝利」記事だと思います。宜しくお願い致します。




佐賀戦国研究会






posted by 主宰 at 01:38| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

★特別企画★第二回 関ヶ原の戦いを再検討する ― 高橋陽介・乃至政彦両氏に聞く関ヶ原の戦いの実像 ― (6月23日開催!)



開催のお知らせです。  (2019.3/14 更新)


【入稿用】チラシ_A4_縦_表面.jpg



【入稿用】チラシ_A4_縦_裏面.jpg



第二回 関ヶ原の戦いを再検討する
 ―高橋陽介・乃至政彦両氏に聞く関ヶ原の戦いの実像―

■講師:白峰旬 先生、高橋陽介 先生、乃至政彦 先生


■日時:2019年 6月23日(日) 12:00〜16:00



■場所:KOKURAホール(https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-kokura/access/
(福岡県北九州市小倉北区馬借1-3-9 クエスト第二ビルTKP小倉シティセンター6F) ※小倉駅・小倉城の近くです。

■参加費:1,500円

■事前予約不要

■質疑応答の時間あり。


■主催:佐賀戦国研究会  ■協力:勝永座談会 


■名義後援:佐賀新聞社、宮帯出版社、日本史史料研究会、学研プラス『歴史群像』、東海古城研究会、他申請中

■お問い合わせ:sagasengoku@live.jp TEL:080-5242-4015
■Twitter: sagasengoku



「近年の研究で大きく変化した、関ヶ原合戦像。
 三名の講師と共に小倉城下に集い、九州および中央の情勢を見つめ直し、学ぶ。」


―――――――――


■各演題と、講師紹介





 豊臣七将襲撃事件はあったのか      白峰 旬  


別府大学文学部史学・文化財学科教授。大分県。関ヶ原合戦の研究者として知られる。著書に『日本近世城郭史の研究』(校倉書房、1998年)、『豊臣の城・徳川の城―戦争・政治と城郭』(校倉書房、2003年)、『幕府権力と城郭統制−修築・監察の実態−』(岩田書院、2006年)、『新「関ヶ原合戦」論−定説を覆す史上最大の戦いの真実』(新人物往来社、2011年)、『新解釈関ヶ原合戦の真実』(宮帯出版社、2014年)などがあり、多くの論文が、別府大学機関リポジトリにてWEB公開されている。なお「関ヶ原の戦い関係の一次史料についての検討(その1)―鍋島家関係文書を中心に―」(『愛城研報告』第22号、愛知中世城郭研究会、2018年)に龍造寺・鍋島家についての研究がまとめられている。




 「九州の関ヶ原」と加藤清正       高橋 陽介

 
歴史研究家。東海古城研究会会員。静岡県。戦国時代の城郭を研究し、愛知県名古屋市を中心として研究報告等の活動をしている。2015年、著作『一次史料にみる関ヶ原の戦い』(自費出版)において、西軍は小早川秀秋を攻撃するために関ヶ原へ向かったとする説を発表。論文「関ヶ原新説に基づく石田三成藤下本陣比定地『自害峰』遺構に関する調査報告」(2017年、東海古城研究会『城』第224号)の他、近年の著書に『一次史料にみる関ヶ原の戦い(改訂版)』(ブイツーソリューション、2017年)、『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』(乃至政彦・高橋陽介共著、河出書房新社・2018年)がある。
(HP:『一次史料と関ヶ原合戦と高橋家の日々』http://takahasiyo.blog.fc2.com/




 上杉景勝の用兵思想と政変戦略      乃至 政彦

歴史研究家。神奈川県。2011年に伊東潤との共著『関東戦国史と御館の乱』(洋泉社)を刊行。代表作『戦国の陣形』(講談社、2016年)の他、『戦国武将と男色』(洋泉社、2013年)、『上杉謙信の夢と野望』(KKベストセラーズ、2017年)、『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』(乃至政彦・高橋陽介共著、河出書房新社・2018年)、『戦う大名行列』(KKベストセラーズ、2018年)などで知られ、監修としては『図解!戦国の陣形』(洋泉社MOOK、2016年)、『戦国の地政学』(実業之日本社、2017年)、論文に「戦国期における旗本陣立書の成立について−「武田信玄旗本陣立書」の構成から−」(『武田氏研究』第53号、2016年)がある。
(HP:『天下静謐』http://www.twinkletiger.com/





★沢山のご参加をお待ちしております!
なお、講師の書籍が数種、会場で販売される予定です。
(追って情報を更新します)

★事前予約は不要です。


佐賀戦国研究会






posted by 主宰 at 14:35| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする