2018年08月05日

★国際忍者学会(佐賀県嬉野市にて開催)と、『そろそろ本当の忍者の話をしよう』の事。




★海外の忍者研究者も参集される、国際忍者学会・大会。
” International Ninja Research Association” convention.

第二回開催は、佐賀県嬉野市となりました。

学会HP: https://intlninja.com/

今回の総会・大会の公式告知と、参加申込方法: https://intlninja.com/convention/ (申込期限:8/27までとなっています。)


国際忍者学会会員である、佐賀戦国研究会 代表 深川が下記の通り、開催地佐賀の代表として、基調講演を仰せつかりました。

14時からの「大会」は、会員でなくても、参加費2,000円で聴講が可能となっていますので、遠近問わず、この機に是非御参加下さい。



DhyqIJMUcAAvAEt.jpg



――【第二回 国際忍者学会・大会】――

日 時 :2018年9月8日(土)〜9日(日)
場 所 :佐賀県嬉野市公会堂 (嬉野市嬉野町大字下宿乙1297番地) 
主 催 :国際忍者学会、特定非営利活動法人 九州忍者保存協会
共 催 :日本忍者協議会、三重大学国際忍者研究センター
後 援 :佐賀県、嬉野市、佐賀新聞社、NHK佐賀放送局、サガテレビ、NBCラジオ佐賀、エフエム佐賀、肥前夢街道


「参加費は2,000円(学生1,000円)、懇親会費3,000円(学生2,000円)、巡検参加費(昼食込)5,000円(学生4,000円)です。
総会への参加は会員の方のみとなります。国際忍者学会への入会は当日会場で承ります。大会・レセプション・巡検への参加はどなたでも可能ですが、事前にお申し込み下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。 」
(参加申込方法: https://intlninja.com/convention/


一日目:

日程   9月8日(土)

12:00〜 受付
13:00〜14:00 国際忍者学会総会 ※会員の方のみご参加いただけます
14:00〜14:30 開会の辞 中島篤巳(国際忍者学会会長)

祝辞 山口祥義(佐賀県知事)
村上大祐(嬉野市長)

14:30〜15:10 基調講演
「佐賀藩における忍者」 深川直也(佐賀戦国研究会)

<休憩>
15:30〜17:10 研究発表


〜幕末の忍者〜
「弘前藩−藩の命運忍びに託す−」 清川繁人(青森大学)
「忍者マンガにおける幕末期の位置付けと課題ー新感覚忍者マンガ「シノビノ」の実験的試み−」 橋本博(合志マンガミュージアム)

〜自由発表〜
「忍者と黒装束の融合‐近世演劇を手掛かりに‐」 稲本紀佳(大阪大学大学院生)
「海外テーブルトークロールプレイングゲームにみる忍者受容」 吉丸雄哉(三重大学)

17:10 閉会の辞 九州忍者保存協会 河野進也
18:00〜20:00 レセプション 入船荘(佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2330番地)



二日目:

9月9日(日) 嬉野市内巡検

9:30 入船荘集合(荷物お預け)
10:00 肥前夢街道
11:00 忍者ショー
11:30 温泉街散策(自由行動)
12:00 宗庵よこ長(昼食)
13:15 八天神社(弁慶夢想ゆかりの地)
13:30 御祈祷
14:00 光桂寺(田原安右衛門仏像)
15:00 入船荘解散


※お問い合わせ先: 三重大学国際忍者研究センター内 国際忍者学会事務局
三重県伊賀市上野丸之内500 ハイトピア伊賀2F
電話・FAX 0595−51−7154
info@intlninja.com


ーーーーーーーーーーーーー


★単行本『そろそろ本当の忍者の話をしよう』

監修:山田雄司(三重大学教授)、著:佐藤強志、 発行:ギャンビット (2018・8/18 発行)
定価:1,500円+税 (A5判型 全224ページ)


38272601_1704418776293750_758427263820627968_n.jpg



0001.jpg




北は青森県弘前市から、南は佐賀県嬉野市まで、忍者に関わる各地を『忍者の末裔』『古文書』『史跡』について総力取材されています。

ギャンビット様による公式サイトは立ち上げ前らしいのですが、佐藤氏が告知リリースされましたので、お知らせいたします。



★書籍中、佐賀戦国研究会・深川が、田原安右衛門や空閑光家をのぞく、「江戸時代以降の蓮池藩・佐賀藩」関連についての執筆を担当しています。

古賀源太夫については、未翻刻の『請役所日記』(一次史料)の調査について、深夜たびたび、山田雄司先生に、判読について御協力を頂き大変申し訳なかったと同時に、深く感謝申し上げます。そのお蔭で古賀については、彼の役職や、長崎での諜報活動について、新たな情報が見いだせました。本書で紹介しております。

全国の書店で発売されます。ご注文されたい方は、下記PDFをダウンロード・印刷頂き、最寄りの書店へご注文下さい。(佐藤氏より)

書店注文書.pdf


おそらく、佐賀県だけでなはく九州各県でも有志が調査すればもっと、忍者の歴史が発掘できると思います。
「忍者」(諜報員)の視点から、郷土史料を調査すると、忍者の事のみなず沢山の新たな発見が有るはずですので、九州の歴史ファンの方へはぜひ、お住まいの地域の史料に忍者が隠れていないか、調べて見られる事をお勧めします。



佐賀戦国研究会  








posted by 主宰 at 01:41| 佐賀 ☀| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

★歴史企画『幕末維新を再検討する ー西郷、江藤、会津龍造寺ー』



「肥前さが幕末維新博覧会」への応援宣言と、歴史シンポジウムの告知です! (7/3 更新)

チラシデザインが公開となりました。クリックすると拡大して表示されます。 



大表.jpg




大裏.jpg






『幕末維新を再検討する ー西郷、江藤、会津龍造寺ー』


■日時:2018年10月28日(日) 11:00〜16:00 (昼食休憩、小休憩をはさむ)

■参加費:1,000円   事前予約不要

■会場:佐賀大学 経済学部講義棟 第四講義室 


■講師:大山格(東京) 橋本靖明(東京) 長南政義(福岡) 中西豪(福岡)

■ゲスト:円城寺雄介(佐賀県庁職員)

■主催:佐賀戦国研究会

★「肥前さが幕末維新博覧会」サポーター。


曜日入り.jpg



■後援:佐賀新聞 / サガテレビ / 学研プラス『歴史群像』


■内容: 各講師の講演後、パネルディスカッションと、質疑応答、フリートーク。最後に、円城寺氏から、今後の佐賀県主催の企画のPR。


【各講師プロフィール】


・大山格

著述業、歴史研究家。東京都。日本大学大学院文学研究科博士前期課程史学専攻修了。
歴史ライターとして雑誌『歴史群像』をはじめ各歴史雑誌に寄稿、得意分野は幕末維新史および戦国史。戦史と政局面の両側面からの執筆記事が多い。2016年2月から東京藝術学舎 外苑キャンパスにおいて一般教養講座『明治天皇の御遊行』を開講済。2018年3月には企画展『平成30年遊就館特別展 靖国神社御創立百五十年展 前編 ―幕末から御創建―』の監修を務めた。
(Blog:https://ameblo.jp/itaru-ohyama/



・橋本 靖明

防衛省防衛研究所 政策研究部長。東京都。会津に身柄を預けられた龍造寺伯庵の末裔。金沢大学卒業、慶応義塾大学大学院修了(法学修士)、蘭ライデン大学博士候補、宇宙政策委員会委員(2013〜2014年)、国際宇宙法学会理事(2013〜2016年)。2016年5月、佐賀城本丸歴史館にて『会津龍造寺家の歴史』について講演。 刀剣に関しても造詣が深い。
http://www.nids.mod.go.jp/research/profile/anzen/02-hashimoto.html

 
・長南 政義

戦史研究家。福岡県。論文に『史料紹介 陸軍大将松川敏胤の手帳および日誌 −日露戦争前夜の参謀本部と大正期の日本陸軍−』『國學院法政論叢』第30輯(國學院大學大学院、2009年)など多数。著書に『新史料による日露戦争陸戦史 覆される通説』(並木書房、2015年)』『日露戦争第三軍関係史料集 大庭二郎日記・井上幾太郎日記で見る旅順・奉天戦』(国書刊行会、2014年)『坂の上の雲の5つの疑問』(並木書房、2011年、共著)がある。熊本市主催講演会・桜美林大学などで講師を務める。 近年は雑誌『忘却の日本史』や『歴史群像』等へ執筆多数。
https://researchmap.jp/read0095254/


・中西 豪

歴史研究家。福岡県。九州大学文学部卒業、専攻は朝鮮史。研究テーマは壬辰戦争(所謂豊臣秀吉の朝鮮侵略戦争)で、学術論文としては「朝鮮側史料に見る倭城‐その理解と実相‐」(『朝鮮學報』第125輯)がある。歴史ライターとしては筑紫君磐井の乱から西南戦争、東漢光武帝の中興事業から朝鮮戦争に亙る日本・東アジア諸地域の軍事関連記事を雑誌『歴史群像』に多数執筆。著書に『史伝 鍋島直茂―「葉隠」の名将』(学研M文庫) ・『実録 花の慶次 武将列伝』 (歴史群像シリーズ・ムック)、監修書に『戦国武器甲冑事典』(ユニバーサルパブリシング)がある。(『歴史群像』執筆タイトルデータベース
 

・円城寺 雄介

佐賀県庁職員。救急医療のICT変革、ドクターヘリ導入で知られる。総務省地域情報化アドバイザー、また災害時に備えたドローン活用実験やIoTの実証を行う。先祖は龍造寺隆信に使えた龍造寺四天王、円城寺信胤。最近は真田丸トークショーなどNHK大河ドラマと連携した企画の佐賀県誘致も精力的に行っており、その多岐に渡る活躍は全国的に注目されている。TBS「夢の扉+」へ出演、また「日本を元気にする88人」(『Forbes Japan』、2017年4月号)に選出される。著書に『県庁そろそろクビですか?』(小学館・2016年2月刊)がある。
(Huffpost Japan 記事:https://www.huffingtonpost.jp/patriots/saga-enjoji-yusuke_b_10366888.html




【開催趣旨】


佐賀藩は知性を閉ざさず、積極的に「外の世界や情報」を学び、取り入れることで、幕末明治維新をリードしてきました。その姿勢に学び、あえて外部・遠方から専門家・講師をお招きし、時代の見識を深めようとする市民企画です。(非営利です。)

佐賀藩中心の「内側」の歴史は、佐賀市城内で開催中の、幕末維新博と関連企画で学べます!
まずは維新博をご覧頂く事をおすすめし、当企画では佐賀藩の外の歴史から、幕末明治維新期の動静を学び、客観的な再検討を試みます。


佐賀内外、多数の歴史ファンの皆様のお越しをお待ちしております!
お車でお越しの方は、チラシ裏面に記載の、佐賀大学周辺の有料駐車場を確認頂き、ご利用下さい。




佐賀戦国研究会















posted by 主宰 at 01:32| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

『関ヶ原の戦いにおける龍造寺周辺の動向』中西豪



★先日8月20日『関ヶ原の戦いを再検討する−龍造寺・黒田・加藤を中心に−』@佐賀城本丸歴史館にお越し頂きました皆様、有難うございました!お蔭様で無事開催できました。白峰旬先生、高橋陽介様、及びゲストの皆様、関係者の皆様を含め、厚くお礼申し上げます。

さて、当日の中西豪先生の講義分のみ、収録公開いたします。
『関ヶ原の戦いにおける龍造寺周辺の動向』と題し、約40分のお話です。(編集済)
ぜひご視聴下さい。↓






PODCAST】  (ラジオ)

(冒頭〜10分程で分割しています。残りは順次、UPします。)

https://www.podparadise.com/Podcast/894333296


―――――


★なお、同時開催しました『鍋島勝茂公武将画コンテスト2017』は、
会場の皆様の投票の結果、添田一平様が優勝されました!おめでとうございました!優勝賞品の「妙法村正」の模造刀を、お贈りしました。

【優勝作】


0001.jpg



★準優勝は、上田肥前守様でした!おめでとうございました!
清酒「鍋島」セット+記念品をお贈りしました。

【準優勝作】


002.jpg




★ 他、優秀賞作品含め全てのエントリー作品は、Tumblrhttp://sagasengoku.tumblr.com/)へアップしております。力作の絵が揃っています。是非ご覧下さい!




★今後の予定★

H29.11/5(日)「佐賀戦国勉強会・座談会」 @佐賀市民活動プラザ4F
「隆信公御年譜を読む』、龍造寺隆信公の生涯を追う定例勉強会です。
今年は11月で最後となります。
参加費:300円。毎回自由参加ですので、事前申し込み不要、飛び込み参加歓迎です。


以上、報告とお知らせでした。     

佐賀戦国研究会




CIMG2340.JPG







posted by 主宰 at 21:17| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする