2014年11月18日

★龍造寺隊 〜豊前豊後偵察レポート〜@

CIMG1174.JPG

CIMG1182.JPG

CIMG1185.JPG

豊前豊後内を行脚し、無事佐嘉に戻りました。

豊州の様子と大友家の動き、報告いたします。
でも得た情報量が余りに多すぎて、小分けにします。御寛恕下さい(笑


■臼杵市野津町下藤のキリシタン墓地と大友義統■



http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=269786

これも大友氏遺跡体験学習館で聴いた話。ネットにはまだ見られない近年の研究結果のようです。

キリシタンに改宗した大友義統が奈多夫人に府内を追われて居住したこの下藤一帯。
寒村だったこの土地、義統がやってきたことで、短期間で立派な町が出来てしまいました。
大友家改易の原因でもあり、何かと評価の低い義統、これを地元の郷土史家は、「義統は内政の手腕はあったのだ、街づくりは巧みだったのだ」と評するそうですが、実状はちょっと軸が違う。

つまり義統は、下藤一帯に西洋人の宣教師やキリシタンを招いて協力を仰ぎ、彼らの力でもって一気に町を作ったとの事なのです。これを義統の手腕と見るか、キリシタンの力と見るか。

義統が作ったこの町は、キリスト教の布教活動の拠点になる訳ですが、奏功して江戸時代を通じ、隠れキリシタンが多数居たそうです。長崎方面は有名ですが、まさか臼杵の山に、根強く隠れキリシタンが存在したなんて、知りませんでした。今でもこの地区は、発掘するほどキリシタン墓が出土して、その数は尋常ではないとのお話でした。

今大分県内でも注目を集めている所で、散策や発掘調査現地説明会に、歴史ファンが集まるそうです。

さて書物に『不明惰弱』と酷評された大友義統、今後の評価に繋がるか?




■参照:http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=269786
■参照:http://jinashi.exblog.jp/19721476/


posted by 主宰 at 23:01| 佐賀 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

Movieてすと★



(H25.8/4に開催された、佐賀の戦国史 番外篇 「1から始める龍造寺史」講演会風景)

テストUP
posted by 主宰 at 03:45| 佐賀 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

てすてす

東肥前.jpg試作中です・・
posted by 主宰 at 23:43| 佐賀 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする