2020年05月22日

★佐戦研内で、おすすめの本を募集してみました。(2020.5/21)



今回はメンバーの方に、ライトな感じでお薦めの本(漫画や小説など、ジャンル問わず)をお聴きしてみました。下記、御紹介します。


まずは、加判衆、田島光さんから2本。


『うたえ!エーリンナ』 佐藤二葉 星海社、2018年


111.png


「ミュージックの語源となった古代ギリシャ語のムーシケーという言葉は『音楽』のみを指すのではなく、歴史や哲学、数学に天文学もまたムーシケー(ムーサの女神たちが司る営み)であった。

このマンガは紀元前6世紀、古代ギリシャで最も有名な女流詩人サッポーに弟子入りした少女エーリンナの青春と表現者であることへの愛ある執着心が描かれています。作者がギリシャ悲劇の研究者で、自ら俳優として古代ギリシャの竪琴を演奏して、ギリシャ悲劇に出演しているので設定考証に隙が無いです。

一コマに詰まった情報量がとても多いけど読みやすいので一度読んだらまた読み返してしまう、知識が増えて読み直すとまた気付きがあるのでまた読み返す良作です。」


つづいて、


『ヘンリー五世』
 シェイクスピア、松岡和子訳 ちくま文庫、2019年


222.png


「約40年ぶりに新しい翻訳全集が出たので、この機会に紹介してみます。シェイクスピア、名前だけ知ってる人は多いし有名な悲劇に触れたことがある人もそれなりにいるのですが、大作にもかかわらず英国史劇に触れる人はとても少ないので比較的わかりやすい『ヘンリー五世』を取り上げたいと思います。

意外と認識されていないのですが、シェイクスピアは1564年生まれの人なので三浦按針ことウィリアム・アダムスや甫庵太閤記などで知られる小瀬甫庵と同じ年、細川忠興が一つ年上の1563年生まれで実は戦国武将とほぼ同時代の人物なのです。

それはつまり、現代においても上演される数々の名作は日本でいうところの戦国時代末期から江戸時代初期のロンドンで初公演が行われていたということであります。

『ヘンリー五世』は1599年に書かれて1600年に出版、上演された作品で、当時より180年ほど前のイングランド国王ヘンリー五世がスコットランド、ウェールズ、アイルランド人を従えてフランスに遠征して数に勝る敵を打ち破り、ついに英仏二重王国を成立させた後34歳の若さで亡くなった生涯を描いた史劇です。

シェイクスピアの英国史劇はいずれも当時のロンドンにおいて政治的な意味合いを含んでおり、『ヘンリー五世』も愛国心を鼓舞する面がある一方で、高揚する観衆に水を差すような場面を度々入れることでシニカルな印象とアンビバレンツを生み出し、現代に至るまで正反対の解釈を生んでいます。

英国史を知らないと少々難解に思える箇所もあるかと思うのですが、当時のロンドンの観衆にはあたかも大河ドラマでも観るような感覚で観ていたと思えばそれもまた一興ということで気軽に触れて頂ければ幸いです。」



→★ 田島さんは筑後郷土史研究会の所属でもあり、若手のホープです。最新稿は『筑後郷土史研究会誌』59号(2020.3月発行)収載の「長徳三年奄美嶋者の西海道諸国襲撃事件とその影響について」。また『忘却の日本史』(西日本編 特別号 九州武将ランキング100)では、筑前・筑後と壱岐・対馬の半数以上を執筆されました。


―――――――――――――――――――――――――


つづいて、加判衆、高木裕子さんから。



『なわばりちゃんお攻めなさい!』  見ル野栄司 2010年

thumbnail_IMG_20200516_221031.jpg


「元エンジニアの漫画家・見ル野栄司さんが『攻める』『守る』機能から城を描いた作品です。

戦国居酒屋で働く城好き女子のなわばりちゃんが、『お攻めなさい』の一言で常連やライバル店店員を攻城シミュレーションに巻き込みながら、物語が展開されていきます。ついにはあの堅牢な姫路城まで登場。なわばりちゃんはどう攻略するのか?

この作品の魅力は、初心者にも分かりやすいという点にあると私は思います。漫画作品ですので、城の縄張はもちろん、シミュレーションシーンでは攻め手はどこからどういう経路で攻められるか、守り手は例えば弓だけで守れるのか、という戦術もイラストで見られるんです。また、石落としや虎口、堀といった基本的な項目が多いのも初心者には嬉しいですね。

私も実際読んでから、城跡を見る時に「ここは竪堀かな?」「ここは上がれそう。でも敵兵を集める罠かも」と、戦う目線で考えることも増えました。城攻めをイラストで見てみたい方や、お城に興味があるけれど何から手を付ければいいか分からない方の入門書としておすすめの一冊です。」


→ ★ 高木さんには先年、会の広報活動で佐賀のローカルラジオに数本出演して頂きました。『忘却の日本史』(西日本編 特別号 九州武将ランキング100)では、主に日向の大半、そして「コラム・庄内の乱 −中央政権を動かした島津氏の内乱 ―」を執筆されています。小城市の千葉氏顕彰の演劇にも、演者として出演され、活動の幅を広げておられます。



上記、おすすめの3冊、ぜひチェックしてみて下さい!


近隣ではコロナウイルスの緊急事態宣言が解除されましたが、しばらくは様子を見ながら、日常生活をおくりたい所ですね。



佐賀戦国研究会 







2018-10-26 19.29.39.jpg







posted by 主宰 at 02:04| 佐賀 ☁| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。