2019年10月09日

★神代勝利は筑紫惟門の「反大友同盟」に属していたのか?




この文章は『忘却の日本史』第19号「神代大和守勝利(後篇)」に収めきれなかったもので、本編の考補である。併せてお読み頂きたい。 


全盛期を迎えた神代勝利は筑紫惟門の主導する「反大友同盟」に属していたのか。以下に、或る一次史料を紹介する。

「態令啓候、兼而可遂案内之処、乍存知相過候、然ば東表豊州衆程近取寄候条、少荷物指遣候、堅固被召置可給候、本田起秀深重候条、不可有御気遣候哉、尚彼者申含候条、不能重翰候、恐々謹言」

年欠8月19日付、立林坊宛・神代勝利書状
(『丹邱邑誌』深江順房 撰、多久古文書の村・秀村選三・細川章 校訂、文献出版発行、平成5年10月、192頁)


内容は「連絡をする必要がありながら御無沙汰しております。近日、大友軍が東肥前へ攻め寄せるようなので、荷物を少し遣わします、堅固に召し置かれて下さい」といったもので、以下に内容を検討する。


▼ 立林坊は現在の佐賀県多久市の有力な山伏であり、神代勝利が山内のみならず、小城市の西の多久市域にまで影響を及ぼしていた事が指摘できる。勝利が阿含坊や、東持坊、実相坊などの山伏を配下として使役していた事は『神代家伝記』等で判明しており、立林坊との交流も、山伏集団の広域的ネットワークを活用したものであったのかもしれない。

▼ この書状は年欠であるが、『肥前勝尾城主筑紫氏に関する基礎的考察』(堀本一繁著 1997)や『西国の戦国合戦』(山本浩樹 著 吉川弘文館 発行 2007)、『北肥戦誌』(佐賀藩の軍記物)などを参照するに、弘治元年から三年にかけ、現在の佐賀県鳥栖市の国衆である筑紫惟門や、福岡県朝倉市の秋月文種を中心とした「反大友同盟」が形成される中にあって、弘治3年7月に秋月文種が大友軍に攻略され、直後、龍造寺隆信が大友氏の東肥前侵攻を見越して恭順の意を示した同年7月24日と同時期の、弘治3年8月19日の可能性が高いと考える。

そして神代勝利の存命中かつ彼が成人して以降(1511年〜1565年、つまり今山の戦いの5年前には死去)、豊州衆(大友軍の事)が東表(神代領から東の方面)へ、取寄る(※)→軍事目的で東肥前へ接近するような機会は、筑紫惟門征伐の時くらいしかない。なお惟門が大友氏に敗れ隠居させられた後、筑紫鎮恒(のちの筑紫広門)が当主となり、以後大友方として活動する。

(※)取寄る(とりよる):日葡辞書によると、対象に近づくこと。異義に、ひとにとりよる、つまり取り入る、親交を結ぶ意味があるが、ここでは前者の意味と捉える。


背振山系を俯瞰すれば筑紫氏と神代氏の勢力は隣合っており、独立不羈を保つため筑紫惟門と神代勝利が協働する事は不自然ではないが、この書状だけでは、神代勝利が反大友同盟に加担していた証明にはならない。その理由など、以下で諸々考察する。


▼ 豊州衆は明らかに東肥前に接近しており、神代勝利は何かの荷物を、逆に西方面の立林坊へ「堅固に召し置くように」と預けている。この事から大友軍の行動を警戒している、何かに備えていることは間違いない。そして大友軍が東表に現れたのは、筑紫惟門征伐のためであるので、その事態に対しての備えである。

▼ 文中で勝利は、豊州衆が寄せるので、私等も出向くとも、加勢のため物資を送るとも言っていない。つまり大友方に協力姿勢は見えない。

▼ 筑紫氏に言及がない。味方の姿勢も見えない。

▼ 勝利は「お気遣いは不要です」と書いているので、緊急の危機には瀕していない事が分かる。

▼ 過去大内氏による少弐氏征伐が催された際の進軍ルートを鑑みるに、筑紫氏の本拠地である鳥栖市方面から、神埼郡へ進み、小城郡を制圧している。つまり東表の筑紫氏が戦で敗れると、大友軍は勢いを得て神埼、小城、佐賀、つまり神代領へと攻め寄せる可能性がある。(そのリスクのために龍造寺隆信は、早々と大友方に恭順の使者を送った)

上記のことなどから、神代勝利が大友氏の味方なのか、筑紫氏の味方なのかは不明。


ここからは想像の域だが、



・龍造寺のように実際は大友氏に恭順の使者を送っていて、万が一大友とトラブルになった場合も想定して備えていたか。

・または筑紫惟門の「反大友同盟」に加担し、背後から筑紫氏を支援しながら、今後の大友軍の動向を静かに覗っていたのか。

・または二股外交で、大友氏に恭順しながら、背後でひそかに筑紫氏を支援していたか。



ともあれ、結果的には、この書状だけでは、神代勝利は筑紫惟門の主導する「反大友同盟」に属していたとは言えないが、今後なにか興味深い史料が見つかり、新たな神代勝利像が見えて来ることを願う。



佐賀戦国研究会 代表 深川 直也   (2019.10/9 記)





2019-10-02 18.39.19.jpg




↑『忘却の日本史』第19号「神代大和守勝利(後篇)」本編は、AMAZONで購入ができます。





posted by 主宰 at 13:01| 佐賀 ☔| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。