2018年11月28日

★沖田畷の戦い・史跡踏査会レポートC【2018.10/27】


引き続き、沖田畷の戦い・史跡踏査会のレポートその4です。

★レポート1は、こちら:http://sagasengoku.seesaa.net/article/462785891.html
★レポート2は、こちら:http://sagasengoku.seesaa.net/article/462785891.html
★レポート3は、こちら:http://sagasengoku.seesaa.net/article/462939263.html



堂崎から北に7.5q、車で12分程走ると、深江城址に着きます。


(青色の城=龍造寺方。赤色の城=有馬・島津方。)

Inkedスクリーンショット 2018-10-03 23.49.54_LI.jpg



★深江城址 (南島原市深江町丙1241周辺)

【駐車場なし。石碑前の路側帯に、4台程一時停車可能】

CIMG2881.JPG


「最強、かつ不落を誇っていた深江城」とルイス・フロイスが評しており、屈強な城だったのでしょう。(『完訳フロイス日本史10』 中央公論新社 発行、2000年10月、P.292)

2018-10-03 10.44.36 - コピー.jpg



ひとつ整理をしておきますと、前回書いた安徳城の城主は、安徳(あんとく)氏、深江城の城主は、安富(やすとみ)氏です。一字違いますので、ご注意下さい。ちなみに両者、親戚関係です。

2018-10-03 10.44.22.jpg


深江城主・安富下野守純泰公は、全盛期の龍造寺氏に従属を誓って後、一貫して龍造寺方の武将として踏ん張りました。


★以下『深江町郷土誌』P185〜によれば、天正11年(1583年)純泰公の幼い息子は龍造寺氏へ人質として出されており、柳川に在ったそうです。龍造寺氏を離反した有馬氏が島津氏と結託、隣の城の安徳氏も有馬・島津方となる中、孤立した深江城に、佐賀方面から加勢が続々到着します。
精鋭たる藤津衆、嬉野、辻、永田、上滝、久間、犬塚、徳島各氏、さらに東目衆の横岳家実、安武式部太輔が入城したそうです。藤津の軍衆は、ほぼ総出で加勢に出かけていると言えるのではないでしょうか。また、膨張した深江城の人数のために、龍造寺隆信公は、多比良村(島原半島北部)において、五十町の地を兵粮料所として安富氏に与え、気を励ましたとされます。


同天正11年、沖田畷合戦の前年、6月13日、安徳の百姓と深江の百姓が、薪取りに関して喧嘩を起こし、これを知った安徳城中の新納刑部大輔(新納忠堯。新納忠元の長男)、川上左京亮、蓑田右馬助らが深江の民を追い、深江城下まで入ってしまったので、深江城から安富三介、横岳、安武らが出陣し、合戦となります。この時、新納忠堯、蓑田右馬助は討死を遂げ、川上左京亮は負傷、島津勢は安徳城へ敗走。8月1日には安富純泰公と龍造寺勢が安徳城を攻めますが、落とせずに引きました。


天正12年(1584年)2月2日〜3月初旬、肥後から続々渡海してきた島津軍に包囲され、深江城は危機に陥ります。


このため龍造寺隆信公は、大村純忠公が大村に残していた300人の中から精鋭を選りすぐり、深江城へ加勢として送りました。三会〜浜の城方面へ向けて陸路を北上しようとする島津軍を、妨害するためです。しかしすでに深江城の包囲は堅く、大村勢は入城叶わず、引いて島原城(浜の城)へ入ります。
(『完訳フロイス日本史10』 中央公論新社 発行、2000年10月、P.269〜P.270より。)


2018-10-27 12.13.19.jpg

現・島原城下の水路に泳ぐ鯉。






― レポートDへ続きます ―




posted by 主宰 at 01:27| 佐賀 ☔| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。