2018年04月08日

★ご報告と、今後のお知らせ。



★2018年2月25日に開催された「第3回うれしの温泉 忍者フェスタ」にて、
佐賀戦国研究会 代表 深川が嬉野市にまつわる忍者調査報告を行い、三重大学の山田雄司教授、および歴史家、中西豪先生の判定にて3名の人物が「忍者認定」を受けました。


2018-02-25 12.33.39.jpg


CIMG2538.JPG


2018-02-25 19.45.56.jpg


詳細はこちら:「うれしの温泉 忍者フェスタ」公式HPに掲載されています。




★また、3月25日には、長崎県大村市にて長崎街道に関するシンポジウムが催行され、会場は定員を超える盛況となりました。主催:大村純忠revivaLぷろじぇくと様も、ほっとされた事と思います。
今後の御活動にも、注目しております!


2018-03-25 14.37.24.jpg


2018-03-25 14.37.14.jpg





★さらに、嬉野市の忍者調査により副次的に「戦国時代の肥前田原氏」の歴史的存在感が明らかとなりました。
3月5日に行った研究報告会の一部を、YOUTUBEにUPしておりますので、佐賀の戦国時代の歴史に興味がある方は是非ご視聴下さい。田原氏の活躍を追うと、龍造寺隆信の隆盛期から、全盛期、沖田畷敗戦、文禄慶長の役、関ヶ原の戦いに至るまで、龍造寺鍋島史の概説に繋がっていくという、興味深い結果でした。





(※訂正:話中、龍造寺の武将「勝屋勝一軒」が「しょうや しょういっけん」と呼ばれていますが、正しくは「かつや しょういっけん」です。大変失礼致しました。)




――――★【お薦め書籍】――――



2018-03-31 00.49.42.jpg


一次史料にみる島津の関ヶ原シリーズ@ 『豊臣秀吉の死去は朝鮮在陣の島津義弘らにどのように伝わったのか』 高橋 陽介 著 2018年2月発行。


豊臣秀吉の最晩年頃の様子が良くわかります。多数の一次史料が紹介され、或る意味貴重な本といえます。日本史ファンには必携の一冊! 最近ではTVでもお見掛けするようになった高橋陽介氏ですが、今後、島津の関ヶ原シリーズを順次刊行されるとの事です。今後の内容にも期待しております。

★書籍は通販のみの販売との事です。興味がおありの方はぜひ、高橋氏のHPからご購入下さい。
→ http://takahasiyo.blog.fc2.com/blog-entry-125.html


★4月23日には歴史家・乃至政彦先生と、高橋陽介氏が共著で、『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった: 一次史料が伝える“通説を根底から覆す"真実とは』という本が、河出書房新社より出されます。
こちらも併せて要チェックです。


IMG_2160.JPG
(↑ 鍋島直正公像と、高橋陽介氏。)




――――【佐賀戦国研究会 今後の予定】――――



花押タイプ2−2 - コピー.JPG



【定例会】佐賀戦国研究会・座談会

連続テーマ「隆信公御年譜を読む」講師:中西豪

第三回
■日時: 5月27日(日) 13:00〜16:30
■場所:佐賀市市民活動プラザ(白山)4階 
http://www.tsunasaga.jp/plaza/access.html
■参加費:各 300円(会場代として)
■事前予約不要。とび込み参加歓迎です。




★歴史企画『幕末維新を再検討する −西郷、江藤、会津龍造寺ー』

■日時:2018年10月28日(仮) 13:00〜17:00頃まで
■場所:佐賀大学を仮定
■講師:大山格先生 橋本靖明先生 長南政義先生 中西豪先生
■ゲスト:円城寺雄介氏
■広告デザイン:鬼塚美津子氏
■参加費:1,000円


鋭意企画中です。明治維新150年の節目、素晴らしい講師陣にお越し頂けることになりました。

詳細は追ってお知らせ致します。どうぞお楽しみに!







posted by 主宰 at 22:55| 佐賀 ☁| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。