2017年07月05日

【※重要】立花家臣団名の正誤表について




白峰旬先生から要請あり、立花奎氏(Twitter:https://twitter.com/Tokakizin)と相談し作成された、立花家臣団名の正誤表をこの場にて公開します。(https://twitter.com/Tokakizin/status/882136121517289473


戦国時代の大友氏ファンや、立花宗茂公のファンの為には特に、家臣団の名前を把握する一助となる表かもしれません。4分割でアップします。チェック及びDL保存をお願いします。


※↓クリックすると大きくして見る事ができます。



0001.jpg


0002.jpg


0003.jpg


0004.jpg



正誤表の主体となる論文は、別府大学 機関リポジトリへ全体公開されています。全国に広く読まれる事を願います。URLを下記へ整理します。


★白峰先生論文:<大津城攻め関連> 2017.3月付


『慶長5年9月13日の大津城攻めについての立花宗茂発給の感状と軍忠一見状(合戦手負注文)に関する考察』


その(1)http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/detail.php?id=dk05804
その(2)http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/detail.php?id=sg04706 



★白峰先生論文:<江上合戦・江上八院合戦・柳川合戦 関連> 2017.3月付


『慶長5年10月20日の江上合戦についての立花宗茂発給の感状と軍忠一見状(合戦手負注文)に関する考察』


その(1)http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/detail.php?id=gk01904
その(2)http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/detail.php?id=sg04707 


★正誤表は、大津城攻めの論文の(2)、江上合戦論文の(2)に対応しています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



以下は稚拙ながら佐賀戦国研究会 代表 深川による、江上合戦論文を拝読しての所感です。


一、「世に知られていない死闘」が、宗茂の感状と軍忠一見状多数の精査により、極めて科学的に立証されている。この論文によってはじめて江上合戦の実像を知るプロパーも多いのではないか。


一、「江上八院合戦は史料が少ない」と郷土史研究上言われているが、2年間の調査を通じて、過去にその少ない史料群はプロパーによって精査・研究されたことはあったのかという疑義を抱いていた。今回の研究発表は疑いなく、江上合戦研究の前進と感じる。


一、白峰先生の論文がもたらす全国的効果。この論文が発表された以上、江上合戦に対して「あったのかなかったのかわからないまま停戦」 「最小限の小競り合い程度で停戦」といった概説・寸評は減るべきである、と期待します。


一、地方の郷土史を掘り起こし、全日本的関ヶ原の戦い像を、より具体化された。


一、研究によって、立花家側・小野和泉らの部隊編制や指揮状況が具体化を見ることとなり、なぜ「さみだれ式」に打って出たのか、なし崩しの開戦となったのか、状況がイメージできる。



以上です。


白峰先生、立花奎様には沢山のご教示を賜り、厚くお礼申し上げます。





posted by 主宰 at 02:35| 佐賀 ☔| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。