2016年09月13日

★慶長五年関ヶ原合戦時期における佐賀城外郭の防衛普請考 A




★@ http://sagasengoku.seesaa.net/article/441818339.htmlの続きです。


■参考資料追加:
(12):『佐賀市史』第二巻 近世編(佐賀市 刊)昭和52年 7月29日発行
(13):『神埼郡郷土誌』上・下合本、復刻版(名著出版 刊)昭和49年3月26日刊(原本は大正4年に刊)


【2016.9/13付】
―――――――――――――――

歴代の蓮池城主(龍造寺時代以降)■ 【参考資料(7)・(8)・(11)・(3)・(13)】


・永禄11年 月は不明〜 龍造寺長信 (11)巻之十七

・元亀元年9月〜 龍造寺家晴 (11)巻之二十では10月(後年一貫して城主だったかは不明)

・天正12年4月〜 鍋島直茂 (8)

・天正17年1月〜 江上家種(文禄2年、江上家種、朝鮮にて没) (8)

★慶長5年 7月末〜8月頃 城番として鍋島生三 (参考資料(10)『坊所鍋島家文書』155号 白峰旬先生慶長5年比定)

・それ以降、いつからか不明だが、慶長年間〜元和元年一国一城令まで、石井一門が直茂の意向によって城代・城番を務めた。(8)



【補考情報】

■天正13年 龍造寺隆信没後、戸次道雪・高橋紹運ら豊後勢が筑後へ侵攻して来た時、直茂は柳川城に入って防戦に努めた。柳川城主の家晴は城を出て、久留米方面で龍造寺政家と共に布陣。【参考資料(8)P.503 】

■参考資料(8)P.823に、蓮池城の縄張り上、本丸とは別に「南小曲出城」とある。龍造寺鍋島氏の蓮池城が、小田氏の旧蓮池城(小曲城)の主郭を包摂し拡張されていたことが想像できる。

■「直茂の意向で」石井一門が城代・城番をつとめたという記事の典拠→【参考資料(8)P.823 】

■慶長7年 鍋島勝茂の嫡男、元茂が蓮池城で生まれる。 【参考資料(7) 御年譜二 P.32】

■慶長16年 佐賀城の修築成り、蓮池城にいた(勝茂の?)「御子様方は皆々」佐賀城へ移る。【参考資料(8)P.823】

■元和元年6月13日〜 一国一城令によって、蓮池城を破却開始。

■参考資料(13)P.323に、蓮池城歴代城主の変遷についてまとまった先行研究あり。その考察では江上家種没後は、慶長年間概ね鍋島直茂の支配下が続き、その後元和元年、一国一城令での破却から『寛永十六年蓮池支藩分封まで即ち約二十五ヶ年間は佐賀藩の直轄となれるものゝ如し』とある。

■資料(13)では、長信が蓮池城主になったのは永禄十年頃か、としてあるが資料(11)では永禄11年。『隆信公御年譜』でも永禄11年である。

―――――――――――――――

★今回:http://sagasengoku.seesaa.net/article/441436025.html 2016年8/26付白峰先生御解釈上、7月16日付鍋島勝茂書状が「慶長5年」と明確に比定される時、歴代蓮池城主変遷の先行研究に付加して、慶長5年7月末〜8月頃には勝茂の命により鍋島生三が蓮池城番を務めた可能性を、新たに指摘できる。

★一次史料である坊所鍋島家文書を根拠に参考資料(3)や(12)上「慶長年間に佐賀城と蓮池城が連動して普請された事が分かる」旨論じられているが、資料(8)『直茂公譜考補』五乾 P.490を読むと『旧記』からの引用として天正12年6月頃『政家公直茂公へ御相談あって、佐嘉・蓮池の両城を修補され、要害を設けられけるに、直茂公世を御伺いあるの由謳説あり、玆に因り公御蟄居あって更々世事に御構いなし、』とある。つまり慶長年間より以前、天正12年6月頃、すでに佐賀城と蓮池城は連動しての普請構想があり、着手もされていた可能性がある。普請の理由は、沖田畷敗戦後、敵軍の襲来に備えるためである事は明らかである。


★『佐賀県史料集成』(古文書編 第11巻 「坊所鍋島家文書」)19号文書、直茂→平五郎茂里・生三宛書状について、参考資料(1)や(2)では、佐賀蓮池間の普請を含めて慶長12年のものと比定している。

ここで考察を試みる。上記の資料(8)『直茂公譜考補』五乾 P.490、天正12年の佐賀蓮池間の普請には、2つの特徴がある。ひとつは沖田畷敗戦後、島津や大友ら敵軍の佐賀襲来に備えた普請である事、ふたつめは直茂に「世を伺っている」との噂が立った事。

慶長の19号文書を、慶長5年と比定した時、関ヶ原合戦の年の2月晦日付なので政情は不穏、有事に備えて佐賀蓮池間を普請するのは天正12年を先例として自然であり、必然である。同時に19号文書で直茂が「目立たぬように、少しづつ行ってくれ。他方の批判が生まれては云々」とするその心情は、先例として天正12年の佐賀蓮池間普請時に、「他方の批判」=家中からの批判に遭っている事が理由であろう。天正12年は「直茂は御家を乗っ取る気があるのでは?」という噂が立ち、不本意な直茂は蓮池城に引き籠ってしまったとある。また白峰旬先生が先日御指摘の通り、19号文書を慶長5年と比定した時には「他方の批判」の他方=近隣の大名諸家からの批判・風説とも考えられる。結論として19号文書は慶長5年に比定の余地があり、天正12年6月の状況、2つの特徴「争乱に備えての普請」・「直茂への批判云々」において似ている。


(つづく)





posted by 主宰 at 05:09| 佐賀 ☔| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。