2015年11月23日

『しんがりの思想』

今年も暮れてまいりましたね。
一寸、色々と振り返って、

今年2015年元旦の佐賀新聞、第三部 テーマ特集 P4ー5 「戦後から紡ぐ未来」より以下引用:

――――

<哲学者 鷲田 清一 + 社会学者 大澤 真幸 対談>

鷲田『右肩上がりで突き進んできた戦後のライフスタイルから撤退する。その際の縮小、廃止、断念の痛みが立場の弱い人に偏らないように目配りし、セーフティーネットを整える、そんな「我慢の工夫」が大事になる。いわば退却戦の最後尾で仲間の安全を守る。それを僕は「しんがりの思想」と呼んでいます。』

大澤『考えてみれば、人口減少も財政の問題も、これからの世界がいや応なく取り組まなければいけない構造的な課題です。拡大、成長を前提に考えると苦しいけれど、発想を逆転させれば、しんがりはトップランナーでもある。未来に向けて日本がどのように積極的なスタンスをとるのか、戦後70年が大きな試金石になりそうです。』

―――
しんがりの思想、良いですね。
歴史に学ぶもの、または歴史を学ぶものとして、鼓舞されるものがある。

戦国時代、龍造寺鍋島軍の殿(しんがり)といえば、鍋島直茂の兄、信房でした。主要な大合戦で必ず全軍の殿に任じられた彼は、ともすれば弟の藩政確立を支えたトップランナーであったかもしれない。
未来に向けて直茂がどのようなスタンスを取るのか、今後の情勢を見据えて、軍事面政治面で試金石的な働きをしたのかもしれません。鍋島藩政の確立後、直茂はこの様なを言っている。「家中でもめたとしても、兄豊前守(信房)に対しては謙譲せよ、兄の意向を立て、蔑ろにしない事。」


しんがりの話から、つい戦国談義になってしまいましたが、
また来年も「背船の陣」を布き、無理せず頑張りたいと思います。

posted by 主宰 at 19:38| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■歴史から何を学ぶか (論評集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。