2014年02月17日

【勝茂公譜】 伊勢の陣 〜安濃津城攻め〜(関ヶ原序章)E


■佐賀県近世史料第一編第二巻 勝茂公譜考補二より。つづき。簡潔訳です。(P.217)一部中略
 
敬称略御免。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 然るに鍋島勝茂、津の城の要害・地形・攻口の様子を見ながら作戦を立てるべく、武功のある家臣たちと巡見した所、この口(布陣した山輪という場所近辺)は利を得難いと評議が定まり、「遠瀬川を渡って浜の手に向かい攻め掛かるべし」という事になった。


 まず斥候に、神代家臣・梅野右馬助を差し向かわせた。戻ってきて報告した事には、「右の攻め口であれば、勝利は必定の様です」との事。いよいよその箇所から攻め掛かる事が決定した。この斥候の最中、右馬助は敵の鉄砲に撃たれ、乗っていた馬も撃ち倒されてしまった。しかし流血するままに徒歩で河上に到着し、川の浅深も見計らい、攻め口の地理をも良く窺って戻り、かように報告した事、鍋島勝茂感じ入り、その勇気を賞美した。


 大坂方の諸勢。30,000余騎、安濃津(阿ノ津)城に攻め掛かる。
 
 軍奉行は長束大蔵大輔正家。鍋島勝茂は毛利秀元と同陣し、山の手に在り。ここから鍋島軍は二手に分かれ、一隊は龍造寺高房を大将とし山の手に布陣。その先手は龍造寺家久(後の多久安順)。もう一手は鍋島勝茂が大将にて、浜の手へ向かう。(水江事畧)


 この時、梅野右馬允、物見として城際まで窺い寄った所、城中よりすき間なく鉄砲を撃ちかけられ、とっさに城門の近くでオロオロしていた女を捕えて、その体を楯に鉄砲玉を防いだ。しかし周りに味方も無く、二カ所を撃たれ負傷した。門の近くに乗り捨てた馬があったので飛び乗り、味方の陣へ退却した。(神代戦功記)



 8月22日。

 安濃津城に籠城している武将は、富田信高、分部光嘉。その数わずか1,700騎。

 鍋島勝茂、軍勢を繰り出し城へ攻め掛かる所に、地侍どもが城中を支援すべく、川を渡り城に入ろうとしていた。これに追い掛かり、その勢いのままニノ丸へ乗り込もうとするが、城兵が打って出て戦闘となった。しかし鍋島勢、進んで塀壁を打ち破り、ついに二ノ丸に乗り入れ、鍋島七左衛門、成富十右衛門(茂安)、大木兵部、綾部太兵衛、石井六兵衛、田原右馬允、城島六右衛門、秀島卯右衛門、田代次郎助、南里隼人、梅野右馬助、奮って活躍し、御厨源太郎討死す。その時、他の諸勢も攻め口に詰め寄り、なかんずく、毛利秀元の軍が進んで攻め口を打ち破り、激しく戦った。こうして防ぎ様も無くなった城主、富田信高、分部光嘉は本丸へ退き籠った。


 この節、鍋島勝茂へ増田長盛より感状が遣わされた。


「津の城、南の浜手を請け取り、即時に二の丸まで乗り詰め、敵を多く打ち捕えられらた事、お手柄である。本城の落去まで、いよいよ御粉骨が肝要である。恐惶謹言 八月二十六日 増右長盛(判) 鍋島信濃守殿 」



こうして城の両将、本丸へ引き籠った所を、諸勢は勝ちに乗じて一斉に突き進み、本丸を攻めるべしと取り詰めた。ここで大坂の軍監、長束正家、城中へ申談し、和議が成立。富田信高、分部光嘉は、城を降り、海辺の一向寺(一身田の専修寺)に入る。軍は相留まる。



(続)



三重県津市、安濃津城の位置。





posted by 主宰 at 00:49| 佐賀 ☁| Comment(0) | ■関ヶ原の戦い 〜龍造寺鍋島軍の動き〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。