2013年11月04日

龍王崎の波濤



講演会当日が迫ります。皆様お気軽にお越しください^^

というわけで今日は、講演会のポスターを配りに、白石〜鹿島〜小城を行脚してました。
道中で、龍造寺隆信率いる船団が、最期の地となる島原へ船出した(当時の)海辺、龍王崎に寄ってみました。気になってたんです。

ここは今は内地。当時は海岸付近です。高台に海童神社があり、その一帯は古代の古墳群だそうです。おそらく信心深い隆信は重臣らと共に、船出前にこの神社に戦勝を祈願したんじゃないかなと思います。

船出が1584年、3月18日。
島原半島北部の神代湊着が、3月20日だったそうです。
2日も掛かってるというのは、船団全てが上陸し、荷上げしたと言うことかな?

3月20から4日後、南下する龍造寺の大軍は現在の島原城がある位置の、森岳付近で島津・有馬軍と激突します。















posted by 主宰 at 23:55| 佐賀 ☀| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。