2013年10月27日

【勝茂公譜】大阪騒乱(関ヶ原序章)B




■佐賀県近世史料第一編第二巻 勝茂公譜考補二より。つづき。簡潔訳です。(P.211〜)
 敬称略御免。

―――――――――

慶長5年、7月下旬。

 鍋島勝茂が大坂へ引き返した所に、石田三成の主導で五奉行が談合し、徳川家康に対し逆意を企て「関東より家康が帰って来た所を、美濃の関ヶ原にて待ち受け、討ち果たすべし」と評定相極まった。まず家康の伏見城を攻め崩すべき旨、これは豊臣秀頼公の上意なりと、西国大小名へ五奉行より申し渡した。

 
 かの伏見城には、徳川家康より城代として鳥居元忠、その他、松平家忠、松平近正、内藤家長が置かれていた。しかるに7月25日の夜中より、備前中納言、宇喜多秀家を大将に、筑前中納言小早川秀秋、島津兵庫入道惟新義弘、毛利中納言輝元の手勢、かれこれ合わせて60,000余騎、増田長盛を軍監と定め大坂を出陣。


 この節、鍋島勝茂もこの中に参加せねばらならず、龍造寺藤八郎(高房)も同様、毛利吉政と合流して伏見へ出発した。お供には、龍造寺家久、龍造寺信昭、納富長周、龍造寺茂成、千葉胤信、鍋島茂正、神代家良、馬場茂員、鍋島茂忠、鍋島茂良、成富兵庫茂安、山代茂貞、鍋島種巻(城原衆)、石井茂清、久納市右衛門茂俊、出雲茂可らの物頭、その他士卒4,500余騎。


 
この時、五奉行より、幼君の命と称し、徳川家康の不義12ヶ条を書し諸将に示す。その文に曰く、(歴代畧記)



一、五人の奉行・五人の年寄共、上巻の誓紙連判、幾程も無く、年寄どもの内二人(石田三成、浅野長政を蟄居に)追い籠めらるる事。


一、五人の奉行衆の内、羽柴肥前守(前田利長)の事。遮り、誓紙を遣わされて(1599年9月から翌年春までの前田家討伐騒動を収めた誓書)身の上すでに果てらるるべき(すべきことはした)所に、先の上杉景勝を討ち果たすべく人質(利長の母:芳春院)を取り、追い籠め申され候事。


一、上杉景勝、何の咎これ無く、誓紙(家康の署名した誓紙)の筈違え、また太閤(秀吉)様の(私戦禁止の)御置目に背かるる、今度上杉の討伐は嘆かわしい事、種々様々の理を申したが(1600年4月〜5月に中老等から上杉征伐の中止を勧告されていた)、遂に許容なく出馬され候事。



(続)





posted by 主宰 at 00:50| 佐賀 ☀| Comment(0) | ■関ヶ原の戦い 〜龍造寺鍋島軍の動き〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。