2013年09月04日

【勝茂公譜】大阪騒乱(関ヶ原序章)@



■佐賀県近世史料第一編第二巻 勝茂公譜考補二より。簡潔訳です。(P.208〜)
敬称略御免。

―――
慶長5年。鍋島勝茂、21歳。

今年正月、鍋島直茂・藤八郎(龍造寺高房・龍造寺隆信の直系の孫)殿、3人一緒に大阪の玉造の屋敷で年越し。

今年の夏、上杉景勝、会津の領地において反逆を企て、居城に引き籠った旨の飛脚が到来。征伐の為に、豊臣秀頼の名代に、徳川家康、6月中旬大阪を進発。諸国の大小名25人がお供する。この節、勝茂も直茂も同じくお供を願い出たが、家康より『今天下危急のみぎり、加賀守(直茂)は、加藤清正と同様、国へ罷り下り、黒田如水と相談し、九州筋の事を押さえるように。』と仰せが有ったため、直茂は家康の関東行きにお供する用意をしていたけれども、早速大阪を発ち佐賀へ帰国。勝茂も出陣の支度は出来ていた。

この時直茂から勝茂へ、陣中での法度5ヶ条を定めたものが手渡された。内容は以下。


一、我々の事はもちろん、下々の者まで喧嘩をしないよう申しつける。

一、若輩ではあるが、信濃守(勝茂)の下知に従う事。

一、特に合戦の際、信濃守(勝茂)が誰かへ下知をする他は、一切みなバラバラに下知をしてはならない。
 (付記:物見、陣見回りの際は人数を立てて、それがどんな用事であっても混乱を招かないようにする事)

一、いかに邪な事が裏表に有っても、軍勢中、悪しき事は停止を命じ、武辺一篇に覚悟すべし。当然、無理な事も有るが、その時は信濃守(勝茂)へ申し出て、判断を仰ぐ事。自己判断で動かない事。

一、秀頼様のお役に立つ覚悟で大阪を出立した上は、内府公(徳川家康)へ指示を請い、身命を惜しまず御用に立つように。
  
    6月15日   加賀守(御判)


 今年正月、直茂、勝茂、高房、ともに大阪に居り、多久安順(龍造寺家久)も一緒だった。この時、豊臣秀頼は大阪城に在り、徳川家康は西の丸に居て、ひとしく諸侯の年賀の挨拶をうけられた。会津の上杉景勝は参勤が無く、また逆心の噂があった。春から夏の頃、大阪と会津で文書の往復があった。上杉景勝はついに、反逆の動きに出た。


 同6月19日、豊臣秀頼の名代として徳川家康が伏見を出発、関東に下向した。時に、勝茂と高房は、関東への御供として京都へ赴いた。多久安順これに従う。息子(養子)の多久茂冨は、直茂に従って佐賀へ帰国した。
勝茂が出陣するにあたり、大阪・玉造の館の留守の事が心配であったが、頼れる所もなかった。そこで御用聞きの町人、甚左衛門という者が西本願寺の坊主につてが有ったため、西本願寺へ行きこの事を相談した。坊主たちは相談し、引き受けてくれる事になったため、勝茂から早速使者を遣わして「何かあった場合は、母や妻たちの保護を宜しくお願い致します」という旨を伝え、本願寺からも別条なく請けてもらえたので、勝茂は大変機嫌が良かった。まずこれで居館の留守の心配は、安心できたので、龍造寺鍋島軍は出発。なお、留守中の玉造屋敷の用事は万端、甚左衛門にととのえさせた。   

(続)


――
■参考:大阪 玉造は大阪城の南。地図周辺です。









posted by 主宰 at 00:41| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■関ヶ原の戦い 〜龍造寺鍋島軍の動き〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。