2020年07月13日

★七月の大雨洪水を逆手に取った軍事作戦 − 龍造寺家兼、三津山の戦い − (2020.7/12)



2020年7月。

先日発生した豪雨と洪水の被害に遭われた方々には、心よりお見舞申し上げます。依然として梅雨前線が停滞しておりますので、引き続き警戒を続けたい所です。

一刻も早い事態の鎮静化と復旧を、祈念するばかりです。



さて、徒然に歴史を振り返ってみますと・・・・・

佐賀の戦国史上、7月に発生した大雨洪水を逆手にとって、村里や道も無くなった水面を密かに北上し、大内軍の陣へ夜襲して勝利した、という武将がいます。

龍造寺山城守家兼(剛忠入道)です。

説明は不要かと思いますが、家兼は龍造寺隆信の曽祖父であり、本家の惣領・康家の五男。水ヶ江龍造寺家の祖です。本家である村中龍造寺家を支え、一門の重鎮にして、龍造寺家の軍事的指導者とされます。

家兼は昨今、雑誌などで「戦国屈指の長寿武将」として有名ですが、81歳にして自ら戦場へ繰り出し、大内軍に奇襲を仕掛けた「三津山の戦い」は、全国的に余り知られていないように思います。


下記、2つの編纂史料の原文を、読みやすく修整して御紹介いたします。


※三津山は、「佐賀県神埼郡吉野ヶ里町三津」の山岳地で、勢福寺城から東、ほど近い距離で対峙する立地と考えられます。




『歴代鎮西志』(上巻)青潮社 発行 P.736〜738

(元禄年間 1688〜1703年頃成立と考えられている編纂史料です。)


「天文3年正月、陶道麒(興房)が率いる大内氏の軍勢は、少弐資元の拠る勢福寺城を攻めるために、三津山に布陣。その後数回攻撃を加えたが、決着がつかないまま戦況は膠着していた。秋7月、少弐氏は、龍造寺山城守家兼に援兵を求めた。家兼はこれを応諾した。

同7月中旬、連日大雨が降っていた。さらに暴風が吹き、海潮が内陸へと遡り、佐賀・小城・神埼郡は、洪水と海潮が交わり満ちて、村や里は一面まるで海のようになってしまった。

三津山の陶軍は、この光景を眺めて喜び、『合戦をせずとも、ここに居ながら敵を水攻めにしている格好だ』と言って、武備を忘れて終日酒宴をしていた。

これを知った佐賀の龍造寺家兼は、『好機』として息子の家純、家門、純家以下300騎を率いて水ヶ江を発し、水の深いところは筏(いかだ)や舟を使い、浅いところは泳ぎ渡って進み、三津山の敵の不意を狙って、夜襲を仕掛けた。

一陣が伐り崩された大内氏諸軍は大騒動となり、取るものも取り合えず、混乱しながら逃走していった。龍造寺軍は勝ちに乗じて陶道麒本陣へ掛かり、陶は反撃ができず夜を侵して東へと撤退を開始、筑前へと退いた。龍造寺軍は逃げる敵を追い討ちして、数百の首級を挙げ、凱歌を発し、勢福寺城の少弐資元を詣でた。

司馬資元(太宰少弐都督司馬少卿 少弐資元)は家兼の大軍功を称賛し、小城、佐賀に数県の地を加封した。巨勢、尼寺、大町、小城などの地が、水ケ江龍造寺氏の領地に属したのは、けだしこの時の恩賜である。

なお、家兼が三津山に向かう日、木像が一体、大潮に流されて、南から水ヶ江へ漂流してきた。これは十一面観音の尊像であった。家兼は偶然これを拝し得て、出陣の勝利を祈願した。万事うまく行った事により、家兼はこの十一面観音像に深い敬意を示し、寺を建立して像を安置させた。水ヶ江の慈教院の観音像がこれである。」




『北肥戦誌』(巻之十)青潮社 発行 P.204~206

(正徳年間 1711〜1715年頃成立と考えられている編纂史料です。)


「この時、陶道麒、石動(いしなり)但馬守を案内者として、千栗(ちりく)山の衆徒を攻め、周辺の神社を焼滅させた。社僧や神官も防ぐ事ができず、皆兵火にかかって焼死してしまった。かくして道麒は、いよいよ三津山に陣を据え、5月16日、龍造寺山城守家兼の居城、佐賀の水ヶ江へ侵攻したが、水ヶ江城はよく防戦し、大内勢は利あらず三津山の本陣へ退却した。ここにまた、7月13日、有馬晴純の軍勢が少弐資元の留守を狙って多久城へ侵攻。しかし城番の龍造寺伯耆守盛家らが、命を賭けて防戦したため、これも有馬勢は撤退した。

しかるに明くる7月14日、夕方から風が吹き出し、15日の朝から大雨となり、強風が木の梢を折り、有明海から大潮がみなぎって、風に随って海潮が渦巻き、内陸へと遡ること高さ一丈(約3メートル)、須古、白石、佐賀、神埼の村里、ことごとく混溺して、一万人余りの死者を出した。

この夜、龍造寺家兼は水ヶ江城にあり、周辺の様子を見て、息子へ囁き言うには『この大風・大水に、敵は三津山の陣にあって合戦の事はよもや思い寄るまい。いざ、今夜風雨に紛れて陶の陣を夜討し、不意撃ちにて討ち散らしてくれよう』と、談合した。家門も『もっともの事』と同意し、選りすぐりの精鋭を率いて、7月15日の朧夜に出陣、水の深い所は泳ぎ、浅い所は渡って、三津山の籾岳へ押し寄せた。

されば、家兼の読みのように、陶の籾岳の陣中では佐賀・神埼の民家が潮に浸かってしまい、森林もみな梢が水に浸かって見えなくなった程の光景を遠望し「さても、龍造寺の者どもは、我らが攻めなくても自滅したものだな」と笑い、酒宴を開いていた。その折、龍造寺軍300余騎が突如、鬨の声を上げて襲い掛かって来たので、大内軍は夢にも思い寄らず、大混乱へ陥り、防ぐ事ができず、馬、物具、弓矢、太刀、刀など陣屋に置き捨てたまま、我先にと四方へ逃亡を開始した。龍造寺軍は勝ちに乗じて追い討ちを掛け、多くの敵を切捨てて、追い崩した。

こうして龍造寺家兼は、暫時の夜討にて大勝利し、勝どきを揚げ、16日の夜明け、水ヶ江城に帰った。

その時、潮に流れて浮かび来る物があり、何であろうかと家兼が取り上げて見ると、観音の木像であった。家兼は不思議に思い、これへ礼拝し、『私が今夜、はからずして大敵を追い崩し、帰陣してこの仏像に出会った事は、ひとえに子孫繁栄すべき瑞兆である』と、懐中へ抱えて、水ヶ江へ帰着した。その後家兼は、居城の南に新造の堂を建立し、その仏像を安置した。今の水ヶ江の慈教院の観音像がこれである。

なお、7月15日の夜、家兼の夜討で陶入道が敗退した時、取り捨てた金銀や陣具などが、今も三津山の辺りの土中から出土することがあるそうだ。

(中略)今年7月、陶道麒が、龍造寺山城守家兼の夜討によって散々に敗北した報告が中国地方へ伝わり、大内義隆は大いに立腹した。」



上記の通り、家兼90歳代での馬場頼周征伐以前に、81歳での、陶道麒軍撃退の武功話があったのでした。「老黄忠」とはまさに彼に相応しい言葉ですね。体も頑丈な人だったのでしょう。


龍造寺家兼の志と「山城守」の受領名は、曾孫の隆信に継承されるのでした。


(旧暦の天文3年7月15日は、新暦では8月24日です。)



★上記関連コンテンツ:「龍造寺家兼の時代へ」中西豪(2013.8/4)★
YOUTUBE


少弐氏、大内氏、千葉氏と、龍造寺家そして龍造寺家兼について簡潔概説。
講義中の「少弐政資(まさすけ)」は、少弐資元の父です。

10分の音源です。ぜひ本稿と併せてご視聴下さい。






佐賀戦国研究会







posted by 主宰 at 01:52| 佐賀 ☔| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

★(4)『御家聞書 天』に見る、鍋島家の関ヶ原大乱と江上八院の戦い(2020.7/4)



まえがきと、本文(1):http://sagasengoku.seesaa.net/article/475972672.html

本文(2):http://sagasengoku.seesaa.net/article/476023166.html
本文(3):http://sagasengoku.seesaa.net/article/476039208.html




『御家聞書 天』(4)

―――――――――――――――――――――――――――――


主水が曰「時分は能ぞ、者共」とて甲の緒をしめ侯処に、後藤左衛門生年十八歳なるが勇み進みて押出す。諫早石見守が郎従共「我後備の後藤をば通すべからず」と云けるを、とかく断て通りける。主水が与の者共「今日の先陣は我等也、はるばると跡なる後藤をば通すまじき」とて既に同士、軍せんとす。

主水が云く「敵を次にして先陣後陣を争事、忠無し。其上後藤は若き者なれば、我が下知にて軍をさすべし」とて、軍使をして云けるは、「今日の先陣をば同姓七左衛門と後藤殿に渡す也。時分は能侍るく早掛り給え、我は是にて見物す」と云ければ、後藤心得て候と返事して、横合に懸て戦う。左衛門若武者にて侍れ共、心賢き者にて、下知して曰「敵の鉄炮高く来うは、下きと云べし。かく云はば、味方の鉄炮を下て討べし、亦、下く来らば是に逆して云べし」と約束す。

然るに、敵の射ける失、馬印・指物に中るを見て「敵の鉄炮下を来るぞ、味方には高く射よ」と下知しけるを、敵聞付て、猶高く討ければ、味方には失に中る者なし。味方には是を心得て、下げて重討に射ければ、失玉の通りたる一筋は、草木の風になびく如に射たをしける。

是を見て、始に七左衛門が手より敗したる者ども取てかえし、七左衛門下知に随いければ、二方よりも見合わせ、一度にどっと突かかりければ、立花方は立足もなく、一度にはつと敗軍す。

直茂公の曰く「軍には勝たるぞ、先き一陣乱して敵を討べし、次に、軍は直ぐに柳川の城を乗取、火を放つべし、次一軍は柳川近辺の町屋其外、城の廻を焼べし、次一軍は備を不乱、備を堅め、ふいを待べし。我も父子旗を進め下知すべし」と、軍使くしのはを引が如く掛廻て下知す。

かかる処に、加藤清正・黒田如翠より使来て云けるは、「今日の御合戦、誉に言葉なし。立花が命を助給へ、城をも我々両人に渡し給へ。立花が領知の民を殺し給うな、早軍兵を召つれられ御帰国有べし。是家康公の密の御命也。是偽にて後難有らば、我等にかけ給え」と、證文分明に出さるる。

直茂公の曰く「立花に私の意恨なし、内府の命に依て罰する者也。止め給うも上意なれば、兎も角も仰に任せ侍る」とて、軍兵を上げ給い、分国へ退き給いて、高名の勝劣を撰び給い、それぞれに宝録を給ると也。

 直茂公より立花左近将監殿へ被出候御書

【※ 書状文は草書体で記されており、白峰旬先生の翻刻文は、UPしてよいものか分かりませんので省略します。大意としては、石田三成が天理に背いて「濃州青野」で一戦し、「其方」は石田方に味方していたので、討果すべしとの上意を受けて、息子の勝茂が近日そちらへ大軍で侵攻する、云々、という、宣戦布告文です。恐々謹言の結句もなく、白峰先生は偽文書と判断されておられます。】


 慶長五年九月日      加賀守 直茂
  立花左近将監殿
   



柳川戦死名付

(戦死者の名簿にて、省略します。)





以上、(4)で完結です。 

− 『御家聞書 天』に見る、鍋島家の関ヶ原大乱と江上八院の戦い −

複製本(57頁〜71頁)は、佐賀県立図書館の郷土史料室(ガラス張りの小部屋の方です)で読めますので、興味の有る方はぜひご覧下さい。

https://www2.tosyo-saga.jp/archives/opac/switch-detail.do?bibid=1700062989



江戸時代後期の鍋島藩において、関ヶ原の戦いと江上八院の戦いが、「聞書」としてどの様に内々に伝わっていたのか、それ分かる一例と言えるかもしれません。龍造寺家の、りの字も出てこない点や、関ヶ原の決戦場が「青野」と記されている事も、興味深く思いました。




佐賀戦国研究会 深川 記








posted by 主宰 at 18:39| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■関ヶ原の戦い 〜龍造寺鍋島軍の動き〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

★(3)『御家聞書 天』に見る、鍋島家の関ヶ原大乱と江上八院の戦い(2020.7/2)


まえがきと、本文(1):http://sagasengoku.seesaa.net/article/475972672.html

本文(2):http://sagasengoku.seesaa.net/article/476023166.html


※読めなかった字は、■としています。



『御家聞書 天』(3)


―――――――――――――――――――――――――――――


一、水田の村四五町此方にて、後陣え軍使をして「押留るべし」と御下知有て、先陣を立堅め侯、
「此所より先に進むべからず、敵かかり来らば、ここにて戦うべし」と定め給い、後陣間を下知して備を立堅め給う。水田の村、先陣の間、大道一筋にて治縄手也、又、四五町の間は横二三筋の通り、堀あり。

直茂公見玉いて、江口・豆津・千栗の村より鍬の者七百人よび給て、「夜に入ければ、味方より一町五段計先にある横堀の土橋を堀切りて、本の土橋の有ける処より左右一町に、道筋より脇に新に土橋を二筋付」と仰られて、曰く「敵は定て夜明に押来るべし、相浦三兵衛、二人の与・鉄炮百挺を召つれ、夜の中に水田の村近くに伏して、敵見えば鉄炮討かけ、悪口を吐せ、敵を偽曳べし。敵押かからば、くりかえくりかえ、鉄砲を退き討にして引取べし。自身の高名に心懸べからず、敵を味方の備近く偽曳付て、急に左右に開て味方に加り、横矢に討べし」と仰含られて、直茂公は本陣に返り給う。其後、軍使は、くしのはを引が如し。亦、主水え仰遣しけるは「最前下知の如く備を張出す事なかれ、又、敵見へば申送るべし」と也。

主水返事せず、軍使「御返事は」と云ければ、主水忿(怒)て曰「今日の先陣大将は我也。味方を可張出も引取べきも御下知を守るまじ。敵出来りつば、人を付て見給へ、我申送べからず」と云。

軍使帰て、かくと申上ければ、直茂公の曰「軍には一定勝たるぞ、其故は、将能而君不御者勝(※)と云事有。主水知勇の将也、其上我が下知を不守ば軍に可勝端也」と、よろこび給事不常。

暫して、夜はほのぼのと明にける。直茂公の玉如く、明ぼのには敵数人、水田の村へをし来る。敵見ると等く、悪口を吐せ鉄炮を打掛ければ、案の如く和泉守、最前正札に「降参せよ」と云れ口惜き事に思い、又、足軽に悪口せられ、無二無三に切かからんとするを見て、立花三太夫「和泉に先をせられし」と、六百計の人数にて、くわう言を吐ちらし押出す。伏たる足軽の二大将、最前直茂公の御下知の如く、一与鉄炮を打ければ、一与は曳取て備を立、如此くりかえくりかえ、押打にぞ曳けるを、我も我もと進掛る。

然る処に、主水が弟・七左衛門一陣に有けるが、堀の此方にて備を立て見せければ、三太夫、引退く足軽には目も不掛、大勢に討てかからんとす。かかる処に土橋をほり切て有ければ、案に相違して迷惑す、されども後陣には是を不知、いやがうえに重て堀の中にぞ入にける。味方の兵ども、さしづめ弓鉄砲にてさんざんに射けれども、敵はゆめにも不知して縄手一筋より、えいや声を出して押掛りければ、柳川の先陣の大将・三太夫を始として、残少く堀の中にぞ落入ける。

是を見て七左衛門、新土橋を渡て和泉守と戦う。和泉武功の者なれば、七左衛門備をつき崩し、七左衛門もあやうく見えて、纔七八人に成けれども、猶本の陣を不退戦ける。七左衛門が郎従に田代幸右衛門と云者、立帰て主水に云けるは「味方悉く敗軍す、七左衛門殿御傍に残り留る者、纔七八人に不過也、今一度敵掛り来り侍らば、七左衛門殿討死と覚え侍る、後を詰給へ」と云ければ、

主水が曰く「今日の軍に味方多く敗す、是七左衛門が軍立拙きに有り。命生て何の面目有てか我に面を向べし、急ぎ討死せよと云うべし。又、汝、是迠返し来るは、主に忠有様なれども、臆病にて■来るらん」と云ければ、幸右衛門太に腹を立て、「御舎弟の眼前に討死あるを眼に見え不給、闇として御座すによりて告に来る処也。何ぞ臆にて侍るべし、今討死して御目にかくべし」と、本の陣へ的りける。七左衛門が自身討取敵七人、千騎が一騎に成迠、田代猪ノ助、同幸右衛門、二人者は主の傍を不離と也。




(※)「将能而君不御者勝」(将能にして、君御せざる者は勝つ)

→『孫子』「謀攻篇」から引用されている言葉。意味は「将が有能で、しかも君主がその将軍の指揮権に介入しようとしなければ勝つ。」
(『孫子・三十六計』湯浅邦弘 著、角川ソフィア文庫を参照)





(4)へ続く(→ http://sagasengoku.seesaa.net/article/476066574.html




佐賀戦国研究会 深川 記







posted by 主宰 at 01:15| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■関ヶ原の戦い 〜龍造寺鍋島軍の動き〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする