2020年05月07日

★沖田畷の戦い・史跡踏査会レポート(12)(2020.5/9)


引き続き、沖田畷の戦い・史跡踏査会のレポート その12です。

今回は佐賀側から。


★前回のレポート(11)は、こちら:http://sagasengoku.seesaa.net/article/474532655.html

★初見の方は、「沖田畷の戦い・史跡踏査会レポート@」から順次ご覧下さい。:http://sagasengoku.seesaa.net/article/462785891.html



――――――――――――――――――――――――――――


天正12年3月18日、龍造寺隆信公の船団が、島津・有馬との決戦に向けて出航したとされる岬と港について。

「同十八日、其勢五万七千余騎、龍王崎より兵船の■を解かれ、順風に帆を揚げ高来郡神代の湊へ御着船ある。(中略)隆信公三月十九日神代へ御着あると均く、あくる廿日より有馬方の者共と矢合ありて・・・」「直茂公譜考補 四」(『佐賀県近世史料1-1』 P.456~457)

3月19日に神代港に到着し、20日には行動を開始しています。


これまでのレポートをお読み頂いた方はご存知の通りですが、島津軍に包囲されて窮地に陥っている、浜ノ城と深江城を解放するための出陣です。



龍王崎

(佐賀県杵島郡白石町深浦856-1)海童神社の石段の右手に記念碑あり。


hukan2.jpg



龍王崎JPG.jpg



【専用駐車場なし。海童神社の石段の右手または左手に、車1台位は一時駐車可能スペースあり。また、道向かいに物産館あり、物産館用には広い駐車場あり。】 



▼長崎側からであれば、島原市の鶴亀城(神代城)(レポートAに詳細あり)を起点として→ 諫早湾堤防道路 →多良オレンジロード 経由で、55km程。車で、1時間15分程かかります。


▼佐賀側かられあれば、龍造寺隆信公の居城・須古城から、5.5km、車で7分程です。位置図を貼ります。

hukanJ.jpg



――――――――――――――――――――――――――――



★龍王崎の高台にある、海童神社本殿の裏・「佐賀県史跡 龍王崎古墳群」解説板の一部です。龍造寺時代の海岸線は太線部分。
つまり、この太線のすぐ右に龍造寺軍の大船団が浮かび、物資搬入や準備で、大賑わいだった事を御想像下さい。

龍王崎.jpg


図の通り、龍王崎は有明海に突き出た岬であり、その直下は海辺で、干潟が広がる地帯となります。さらに藤津郡の経済を支える塩田川の河口でもあり、物資や軍勢を集めて、引き潮に乗って、迅速に有明海に船出するには、非常に便の良い港だったことがうかがえます。




★龍王崎の解説板。
龍王崎海童神社 (3).JPG



「龍王」とは、龍造寺隆信公に因む地名なのか?と思い、平凡社の『佐賀県の地名』事典や、福岡博先生著の『佐賀地名うんちく事典』を調べましたが、全く関係はありませんでした。戦国時代より遥か昔から、港として栄えた場所でした。


龍王崎の高台には、平安時代から存在する海童神社が鎮座しています。祭神は豊玉彦・豊玉姫。つまり「龍神とも言われる神様のため、この海童神社の影響で、付近の地名が「竜王村(有明町として合併)」や「龍王崎」となっている、という説があり、たしかに信憑性を感じます。


また前掲図群の通り、

・塩田川を隔てて藤津郡(鹿島市)と杵島郡(白石町)の「境目」となる事、
・地勢的に、山岳が縦長に伸びて、「防塁」のように境目を仕切っている事、
・海が内陸側に食い込み、龍王崎(岬)が突出する。陸路としては隘路となる事、
・経済拠点の塩田津の、まさに玄関口である事、

→これらから見て、軍事経済面で非常に重要な地点だったことが判ります。








★海童神社の参道石段の途中から、直線的に、島原方面を遠望するの図。
おそらく、龍造寺隆信公が出陣前に眺めたアングルだったでしょう。↓
2020-05-07 13.18.56.jpg


当時は写真と違い、海がもっと手間にある事になります。江戸時代以降、官民一体で苦労して、地道に干潟を干拓し、平地が広がっています。



★以上のように、沖田畷の戦いの史跡巡りを極めたい方には、龍王崎は外せない観光スポットです。



【戦国時代の有明海・海岸線】(佐賀戦国研究会)

動画の左下部分が、龍王崎。





なお余談として・・・

白石町・龍王崎と龍造寺隆信公については、「餅すすり」の伝説があります

http://cp.marumiya.co.jp/sp/omochitei36/post/30.html

丸美屋HPより:「餅すすりの起源は、言い伝えによると、400年以上も昔に遡るそうです。肥前の戦国大名である龍造寺隆信が、龍王崎(現・佐賀県杵島郡白石町)から有明海を渡り、島原(現・長崎県南西部島原半島)へ出陣する際に、地元の領民が勝利を祈願してもちをつきました。もちを食べてから出陣しようとしたものの、龍造寺隆信は、有明海は潮の干満の差が激しく、船を出す時間がなくなるため、その祝いのもちをすするように飲み込んで出陣し、戦いに勝利した(敵軍を飲み込む意もあり)ことから、縁起担ぎとして今に伝承されています。」

→戦いに勝利したとなると、沖田畷以前、初めて島原へ出征し、有馬氏を降参させた時の事になるでしょう。


これについて、白石町役場公式:https://www.town.shiroishi.lg.jp/asobou/mitokanba/_2160.html?fbclid=IwAR0iYdP_S8JNcx-ie7rqC-MlmXwrRnKGFIcsF3gJcp-W1JPYuBaEclGWt3c

「餅すすりは、つきたての餅を湯にひたして、一気にかまずに飲み込む、白石でしかみられない独特の食べ方です。言い伝えによると、約400年前、九州北部に勢力を築いていた龍造寺隆信が島原遠征の際に龍王崎に兵を集めていました。その時、領民が餅をついて歓待したものの、有明海が引き潮のため、急いで船に乗らねばならず、武士たちは、つきたての餅を湯につけて食べていったと言われています(餅すすり保存会会長久野潔氏より)。現在、餅すすり保存会により継承されています。※危険ですから絶対に真似はしないでください。」


→民俗学の観点から、面白いお話ではあります。


餅すすりの風習は、白石のみならず佐賀県内の他所や、日本各地に点々と残っているようです。
(山形県の例:http://www.town.kahoku.yamagata.jp/3311.html





★須古城址に翻る、十二日足紋の赤旗。
2020-05-07 14.09.48.jpg



レポート(13)へ続きます。



佐賀戦国研究会






posted by 主宰 at 23:43| 佐賀 ☁| Comment(0) | ■沖田畷の戦いについて再検討する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする