2020年03月27日

★2020年内、企画中止のお知らせ / NPO法人化構想について。



佐賀戦国研究会の勉強会や講演会企画につきまして、6月含め、2020年今年の年内は、全て中止とする事になりました。

追って、お知らせのDMを発送致します。残念ですが、全国的なコロナウィルス感染者増大の時期、堪え時です。



ただし、これを奇貨としてNPO法人化の勉強を進めたいと思います。



以下、構想ですが、

役員候補や正会員の数はすでに揃っておりまして、実現すると、全国から賛助会員を募集することになります。
(構想としては3,000円程の年会費が発生しますが、運営を賛助頂く事に対し、リターン有り。)



★NPO法人化して実現したいこと。


、佐賀県民・佐賀市民の文化教養度に貢献できる企画(勉強会、講演会、シンポジウム)の、安定的開催。

 → 賛助会員さんは無料で参加可能。欠席会員には、資料発送。



、戦国武者行列の実現。俳優さんを招き、龍造寺隆信役、鍋島直茂役になって行進してもらう。

 → お祭りが増えて、街の活性化に繋がる。+経済効果もある。→ 「今年は、どの俳優さんに龍造寺隆信公を演じてもらおう!」



、会員による、荒れた墓所や戦国史跡の掃除や整備活動。また各地域への歴史的お祭りへの協力。

 → 本当に、各地荒れていますし、手入れする人が少なくなっている。史跡と知られていない石碑なども複数あり、このままだと維持は難しいので、協力貢献を目指したい。



、忍者研究で、地域活性化に貢献。

 → 世界的に人気の忍者、せっかく佐賀にもいたことが分かったので、組織的に研究を深め、地域活性化に繋がるフィードバックをしていきたい。



、国内の賛助会員さんへの、年一会報の発送。

 → 龍造寺鍋島関連で、充実した読み物になると思います。



、フィールドワーク会(城郭踏査など)

 → 専門家をお招きし、現地の踏査をして勉強できる会。史料では学べない事が分かるはず。



、公的信用が増すので、公共機関とタイアップしやすくなる。文化資本を主軸とした経営ビジョン。

 → いにしえの郷土の歴史を認知してもらい、人生に活かす。楽しくて、気軽に参加できる催しを行う。



、活動の永続性を目指す。

 →行政や歴史的機関のしきたりや感性ではカバーできない部分を、民間の感性で拾って補い、県内外で顕彰していく。後世へと伝える。




有志の方々、ぜひこの活動に御協力頂ければ、幸いです。



佐賀戦国研究会 代表 深川 直也


posted by 主宰 at 01:29| 佐賀 ☁| Comment(0) | 佐賀戦国研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする