2018年05月12日

★歴史企画『幕末維新を再検討する ー西郷、江藤、会津龍造寺ー』




「肥前さが幕末維新博覧会」への応援宣言と、歴史シンポジウムの告知です!

いよいよ詳細が確定しつつあります。


題:

『幕末維新を再検討する ー西郷、江藤、会津龍造寺ー』


■日時:2018年10月28日(日) 11:00〜16:00 (昼食休憩、小休憩をはさむ)

■参加費:1,000円   事前予約不要

■会場:佐賀大学 経済学部講義棟 第四講義室 (内諾済。書類申請中)


■講師:大山格(東京) 橋本靖明(東京) 長南政義(福岡) 中西豪(福岡)

■ゲスト:円城寺雄介(佐賀県庁職員)

■主催:佐賀戦国研究会

★当企画は、佐賀県主催の「肥前さが幕末維新博覧会」サポーターにエントリー予定。

■名義後援申請予定:佐賀新聞、サガテレビ、歴史雑誌『歴史群像』、歴史雑誌『忘却の日本史』


■内容: 各講師の講演後、パネルディスカッションと、質疑応答、フリートーク。最後に、円城寺氏から、今後の佐賀県主催の企画のPR。


【開催趣旨】


佐賀藩は知性を閉ざさず、積極的に「外の世界や情報」を学び、取り入れることで、幕末明治維新をリードしてきました。その姿勢に学び、あえて外部・遠方から専門家・講師をお招きし、時代の見識を深めようとする市民企画です。(非営利です。)

佐賀藩中心の「内側」の歴史は、佐賀市城内で開催中の、幕末維新博と関連企画で学べます!
まずは維新博をご覧頂く事をおすすめし、当企画では佐賀藩の外の歴史から、幕末明治維新期の動静を学び、客観的な再検討を試みます。


佐賀内外、多数の歴史ファンの皆様のお越しをお待ちしております!

また詳細を告知していきます。




佐賀戦国研究会















posted by 主宰 at 01:32| 佐賀 ☔| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする