2016年05月06日

★あと23日後【戊辰会津戦争の真実−会津・薩摩・佐賀の関わり−】

開催も近いので、宣伝です!
沢山の方々のお越しをお待ちしております。


【戊辰会津戦争の真実−会津・薩摩・佐賀の関わり−】
■5/29 13:00〜16:00
■場所:佐賀城本丸歴史館
■参加費:500円
■3講師:橋本靖明氏(会津龍造寺家末裔)大山格氏(歴史家・大山巌公曾孫)中西豪氏(歴史家)
★事前予約不要。
■告知HP:http://saga-museum.jp/sagajou/event/001180.html
★後援:西日本新聞社・佐賀新聞社・サガテレビ・学研プラス『歴史群像』


@橋本氏講演 『会津龍造寺家の歴史』/ 御家再興運動にやぶれた龍造寺伯庵が関係者と共に会津へ配流されて以降、龍造寺家は会津藩士として続きます。国太郎の時戊辰会津戦争を迎え、鶴ヶ城を巡って奇しくも、佐賀の旧龍造寺兵=多久兵と会津龍造寺氏は戦う事になります。・・


A大山氏講演『会津の明治二年 − 旧藩の改易と戦後処分』遺体埋葬禁止令の虚実の他、戦後の旧会津藩士による余市開拓の成功があった一方、斗南ヶ丘は経営が失敗、同じ斗南藩内でも広沢農場は成功しているにもかかわらず後世に伝わる話は斗南の失敗談ばかり誇張されている。・・


B中西氏講演『佐賀藩兵、会津へ!〜アームストロング砲の真実〜』 アームストロング砲についての基礎解説や、スペンサー騎兵銃等のハード面を中心に。近年佐賀市の神社で砲弾が発見され、研究機関で成分分析の上「アームストロング砲の砲弾」と公表されたが、反証余地あり。



★雑誌『歴史群像』(学研)次号の5月発売号に、告知を掲載して頂く事になりました。ぜひお買い求め下さい!★








posted by 主宰 at 00:19| 佐賀 ☁| Comment(0) | ■佐賀の戦国史 講演会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする